TRANSIT /  Info  / here

ラルフ・ローレンを虜にした 
珠玉のカーコレクションがパリに集結!

Info | 2011.06.02

トランジット編集部は今、次号で特集するフランス色に染まっている。
事務所の冷蔵庫にも、普段は目にしない冷えたシャンパンが。

そんな折、パリからおしゃれなイベントのニュースが届いた。
パリ装飾芸術博物館で開催されている「The Art of the Automobile」。
この展覧会では、ファッションデザイナー、ラルフ・ローレン氏が所有する
クラシックカーのコレクションをまとめて見ることができる。

20110527_01.jpg

20110527_02.jpg20110527_03.jpg

20110527_04.jpg

そのコレクションは1930年代から現代のものまで幅広いラインナップで、
どれもほかでは見ることのできない希少な車ばかり。

この展示会で、車は世界の著名なメーカーによって作られた芸術作品ととらえられている。
今なお旺盛に仕事をしているラルフ・ローレン氏自身、デザインをする際、
それぞれの時代が生み出した自動車からインスピレーションを得ているという。

時の試練を経て残ったクラシックは、新しい時代を作り出していくクリエーターと、
相性がいいようだ。

20110527_05.jpg

トランジットのフランス特集でも、「パリ黄金の100年」という切り口で、
時代の流れの中で文化がどのような変遷をたどったかを紹介している。
2010年代に流行する文化の輪郭も、そのなかに読み取ることができるかもしれない。

photos by Pierre Olivier Deschamps


ラルフローレンのウェブサイト