TRANSIT /  Info  / here

紅葉の秋は、「星のや 京都」へ

Info | 2012.11.01

秋と言えば紅葉。紅葉と言えば......京都!
だいぶ肌寒くなってきた今日この頃。そろそろ紅葉狩りにでもでかけたいな、
なんて思っている人も多いのではないでしょうか。

121101_005.jpg

いつのときも、旅先の候補にあがるのは、京都。
歴史あるお寺と紅葉の組み合わせは鉄板です。
カエデの葉っぱを拾いながら、嵐山付近を散策するのを想像してみると、
居ても立ってもいられなくなっちゃいますよね...。

時期と場所の選定はもちろん、旅先のお宿もとっても重要な要素のひとつ。

そこで、編集部イチオシなのが、嵐山にある「星のや 京都」です。
客室はもちろん、立地やおもてなしにこだわりを込めた、新しいタイプのリゾートです。

121031_001.JPG

嵐山といえば渡月橋。そのたもとにある桟橋から旅はスタートします。
実は、ここから発着する小船がアクセスするための手段なんです(!)。

121101_004.JPG

水面をすべるように進む小船からの風景は、だんだんと街の喧噪を離れ、
嵐山の森の木々に囲まれた静かな場所へと移り変わっていきます。
わずか15分ほどで、まったくの別世界に行ってしまったような感じ。

121031_003.JPG

船着き場と、星のや 京都の客室は、すぐ目と鼻の先。
渓流沿いの山の斜面にひっそりと建物が並んでいます。

聞く所によるとこの建物は、江戸時代の豪商・角倉了以がつくったライブラリーが、
100年ほど前に旅館となったものをリノベーションしたものとのこと。

121101_003.jpg

どの客室も、もともとここにあった建築をリノベーションしたもののため、
日本の伝統建築の様式を踏襲したものとなっています。

しかし、内部は快適さを追求した現代的なもの。
ベッドボードには、「京唐紙」という京都の伝統工芸があしらわれています。

121031_004.JPG

夕暮れどきになれば、あたりにはだんだんと夜の闇が訪れ、
最小限に抑えられた照明が優しく灯る幽玄な空間を演出します。

121031_005.JPG

全室リバービューなのも魅力。大きな窓の外には鵜飼や遊覧の小船がちらほら。
朝や夕暮れ時、雨上がりには霧が立ち込めることもあり、
今までの嵐山のイメージがまるっきり変わってしまうかも。

121031_006.JPG

そして何といっても楽しみなのがお食事。
京野菜を中心とした厳選された食材がふんだんに使われた料理。
しかも、和とフレンチ双方を極めた料理長が振る舞う贅沢な品々です。

121031_011.jpg

今年は、11月中頃から11月末くらいが、もっとも紅葉が美しくなるそうです。

星のや 京都の詳細はウェブサイトをチェック。客室や料理のことなど、情報満載です。

秋の紅葉シーズンはもちろんですが、四季折々の自然を楽しめるのが、
星のや 京都の魅力。料理にも旬の食材が使われたりと、いつ行っても
それぞれの季節を存分に味わうことができます。

是非とも訪れてみてくださいね!(また行きたいなあ...)


星のや 京都

住所:〒616-0007 京都市西京区嵐山元録山町11-2
星のや 総合予約 TEL:050-3786-0066(午前8時 〜 午後9時)
夜間の宿泊予約・来館のご案内 TEL:075-871-0001

web:www.hoshinoyakyoto.jp