TRANSIT /  Info  / here

6/6・アルゼンチン号イベント開催のお知らせ

EVENTS | 2013.05.24 NEWS | 2013.05.24

21号目を迎えたTRANSITの特集地はアルゼンチン。

130524_002.jpg

"南米のパリ"と称されたブエノスアイレスを擁し、
かつて世界でも屈指の富裕国として繁栄したかの国。
その名残は街の至るところに見られます。

世界三大劇場の一つとされるコロン劇場、
欧州の都市を歩いているかのように錯覚させられる石畳の道、
落ち着いた佇まいのレストラン、そして、広場を中心に構築された大通り。
街中では、深夜まで響くタンゴの音色と共に、
カフェやバーで人生を謳歌する人々に出会いました。

今号のTRANSITは、日本ではまだまだ馴染みの薄い
アルゼンチンのローカルな風景に密着し、その素顔を探した1冊です。

130524_001.jpg

そんな地球の裏側の国を余す事無く紹介する
TRANSITアルゼンチン特集号の発売を記念し、
6月6日(木)夜に代官山蔦屋書店にてイベントを開催します。

題して「TRANSIT × DU BOOKS アルゼンチンカルチャーを語る夕べ
〜アルゼンチンは遠いのか?(遠いよ!)〜」
※ 詳細はこちら


今回のイベントでは、時期を同じくして発売される書籍
アルゼンチン音楽手帖』(発行:ディスクユニオンブックス)の著者で、
アルゼンチンの文化に造詣の深い栗本斉氏をゲストに迎え、
今号制作のためにアルゼンチンまで赴いた

TRANSIT編集長・加藤と副編集長・林の計3名が
実際に見て・聴いて・歩いて感じた"アルゼンチンカルチャーの現在"と、
その魅力を皆様にご紹介します。

当日会場では、TRANSIT取材班による現地写真のスライドショーや
『アルゼンチン音楽手帖』でセレクトされたアルゼンチン音楽の視聴、
著者・栗本氏のサイン会なども実施予定。


初夏の代官山で、ラテンアメリカの熱い雰囲気に浸ってみませんか?


【TRANSIT21号 × DU BOOKS 新刊記念トークイベント】

《トーク》
 特別ゲスト:栗本斉 氏
 登壇:加藤直徳(TRANSIT編集長)、林紗代香(TRANSIT副編集長)
《日時》
 2013年6月6日(木) 18:45 開場/19:00 開演

《会場》
 代官山蔦屋書店1号館1階 総合インフォメーション
《定員》
 先着予約50名様

★ご予約方法などの詳細はこちらをご覧下さい


・ゲストプロフィール
栗本 斉(Hitoshi Kurimoto)

音楽&旅ライター、選曲家。アルゼンチン音楽を中心としたラテン、ワールドミュージック、和モノから、旅行記や世界遺産にいたるまで幅広く活動中。
著書に『ブエノスアイレス 雑貨と文化の旅手帖』(マイナビ)他。

Blog: 旅とリズム blog.livedoor.jp/tabi_rhythm
Twitter: @tabirhythm
Facebookページ: www.facebook.com/tabirhythm

栗本氏の新刊『アルゼンチン音楽手帖』(6/7、DU BOOKSより刊行)は、
トークイベント会場にて先行販売予定!
130524_003.jpg

お詫びと訂正