TRANSIT /  Info  / here

坂野いづみ展「手織りのブランケット」
ウールの暖かい魅力

Info | 2013.09.26

9月26日(木)から南青山の DEE'S HALL にて、
坂野いづみさんの「手織りのブランケット」を集めた展示がスタート。
早速、初日に出かけてきました。
130926_13.jpg
足を踏み入れた瞬間、部屋に満ちていたのは
ウールの暖かい厚みと温度。
触れる前から、その質感が手に取るように伝わってきます。
130926_09.jpg
笑顔で迎えてくれた坂野さんの話を聴いているうちに、
この暖かい空気は作品だけではなく
彼女自身からも放たれているんだと気づきました。

坂野さんは、現在、金沢を拠点に制作をしています。
作品はすべて手織りで、1枚にかかる時間は約1ヶ月。
秋冬のためにウールを扱っているのではなく、
夏の間もずっと同じ素材によるブランケットを制作していたそう
(それもクーラーのない部屋で!)。

印象的だったのは、その色たち。
ありそうだけど、見たことのない配色なんです。
130926_12.jpg
こちらは、彼女が「特に気に入っているもの」と広げてくれた作品。
どうやって色やパターンを決めているのか伺うと
「右側の部分を織ってみてから、隣りにはこんな色を持ってきたい気分......と
そんな感じで決めていくんです」
ガチッと決めてから作り込まないことと
糸の染色からこだわって好きな色を引き出すことが、
自由でオリジナルなブランケットが生まれる理由。

私も羽織らせてもらいましたが、
冬にコートなんて必要ない!というくらい暖かく、
そして意外なほどに軽かったです。
130926_08.jpg
路地を入った所に位置する DEE'S HALL は、
誰かのお家にお邪魔したような気分になる
ゆっくりとした時間の流れる空間でした。
いろんな表情をもつブランケットたちがお待ちしています!


坂野いづみ展「手織りのブランケット」
場所:DEE'S HALL
期間:9月26日(木)〜10月3日(木)
時間:12:00〜20:00(日曜、および最終日は18:00終了)