TRANSIT /  Info  / here

カタログなのにエッセイ?
SHIPS Daysが呈示する本当の豊かさ。

Info | 2015.03.20

慌ただしい日々に追われていると、
「豊かな生活とは何か」なんて考える暇もない。
TRANSIT編集部が製作に関わっているSHIPS Daysのカタログは、
さりげない日常に隠された豊かさへのヒントを教えてくれます。

『SHIPS Days 眺めのいい日々と、居心地のいい服。』では、
世界10都市に住む、年齢も性別も職業も異なる10人が、
ライフスタイルについてのエッセイを書き下ろし。
従来のカタログにはない読み物も楽しめる内容になっています。

20150320_a01_IMG_0512.jpg

寄稿するのは、料理家の細川亜衣さん、陶芸作家の蔵原智子さん、
写真家の石塚元太良さんなど、各界で活躍する人たち。
第一線で走り続ける人ほど、仕事が優先、私生活は二の次、
という先入観があるかもしれない。
でもこのエッセイに映し出されるのは、
普通の人と変わらない、もしくはそれ以上に、
たわいもない日常を大切に思う彼らの姿。

波チェックが日課となった地元の海、
友人と囲んだ丸いダイニングテーブル、
引き出しにそっと仕舞った真紅のマニキュア......。
それぞれ、自分の暮らしのなかに、日常の愛おしい風景がある。

20150320_a02_IMG_0349.jpg

20150320_a03_IMG_0353.jpg

20150320_a04_MG_0348.jpg

そして、そんなエッセイを彩る写真を撮影したのは、濱田英明さん。
国内外の雑誌などで活躍しつつ、大阪に暮らす濱田さん自身も、
ライフスタイルを大切にする一人。自然もカルチャーもあるサンフランシスコで、
友人とギャザリングを楽しんだり、恋人とカフェに行ったり......。
気負わないいつもの日常を、鮮やかな色彩と透明感溢れた写真で表現しています。

一枚一枚、ページをめくるごとに、"眺めのいい日々"と、
日常の暮らしを大切にしたくなる服や生活用品を紹介。
ちょっと変わったノベライズカタログは、SHIPS Daysの店頭でもらえます。
また、SHIPSオンラインショップでSHIPS Daysの商品を購入した方にも。
なくなり次第終了なので、お早めにどうぞ。


『SHIPS Days 眺めのいい日々と、居心地のいい服。 2015,Spring&Summer』

配布店舗:SHIPS Days 3店舗
     ららぽーと TOKYO-BAY店(千葉県船橋市浜町2−1−1)
     ららテラス 武蔵小杉店(神奈川県川崎市中原区新丸子東3−1302)
     ルクア イーレ店(大阪府大阪市北区梅田3−1−3)
     *2015年4月2日(木)New Open!
問合せ先:SHIPS インフォメーションセンター ☎0120−444−099