TRANSIT /  Info  / here

TRANSIT 特別編集号
美しきイスラームという場所2015 発売!

Info | 2015.06.22

6月19日、TRANSITの緊急増刊号
「美しきイスラームという場所2015」が発売になりました。

前身の雑誌『NEUTRAL』の創刊号で「美しきイスラーム」を特集してから約10年。
イスラームを取り巻く環境や激変した世界の事柄を追いかけながら、
2015年のイスラームの現在に迫る総力特集です。

IMG_9767 のコピー 2.JPGブックファースト新宿店

10157280_1653718524859896_1180978332068799846_n.jpg代官山蔦屋書店

書店を訪れると、さっそくフェア棚で展開してくださっていました。
旅行書コーナーだけでなく、実用書のコーナーでも人気のようです。


『NEUTRAL』創刊号と同じく表紙の写真になったのはイエメン。
アラビア半島の南端に位置し古くより「幸福のアラビア」の名をもつこの国が、
3人の写真家の目線で切り取られています。

20083_1654218291476586_8153825538612617372_n.jpg

11169206_1654218301476585_60023189928350879_n.jpg

取材ページで取り上げるのは、中東エリアの中でも住民の大部分がイスラーム教徒である
7国、イラン、トルコ、イエメン、パキスタン、アフガニスタン、サウジアラビア、シリア。
信仰に生きる暮らしや変化した街並みのなかに、彼らの素顔と現在を探ります。

イスラームにまつわる基本を網羅した基礎知識をはじめ、
過激派組織の構造やジハードがどのように変容してきたかを紐解く
「イスラーム過激派のヒミツ」、
世界各地で露呈する諸問題にフォーカスした「世界のイスラーム最前線」など
あらゆる角度からイスラームを捉えた特集ページも必見です。


発売日当日には、創刊時から『NEUTRAL』と『TRANSIT』を牽引してきた
編集長の加藤直徳とアートディレクターの尾原史和氏によるトークイベントも開催。

IMG_9854 のコピー.JPG

テーマは「世界と僕ら、10年間の変化」。
イスラーム世界、デザイン、雑誌の3つの視点から、
10年という月日と変化について語りました。

IMG_9872 のコピー.JPG2004年『NEUTRAL』創刊当時の尾原氏と加藤

IMG_9902 のコピー 3.JPG2004年発刊の『NEUTRAL』と、今回発売した『TRANSIT』


IMG_9950 のコピー.JPGこれまでに『NEUTRAL』と『TRANSIT』で取材した場所をわかりやすく地図で紹介。

IMG_0037 のコピー.JPG地図上には、約12年の歳月を通して写真家が切り取ってきた、めくるめくイスラーム世界の写真が。


IMG_9928 のコピー.JPG
創刊当初から編集に携わっていた副編集長の林紗代香も飛び入り参加。
昨年に渡航したイランの現在の状況から、
イスラーム過激派組織の諸問題についても詳しく説明しました。

IMG_9973 のコピー.JPG「当時と今とでは、デザインの仕方も大きく変わった」と尾原氏。

IMG_0002 のコピー.JPG

2004年から2015年、
2つの雑誌が歩んだ時間のなかで、世界も私たちも少しずつ変わっていました。
トークイベントにご来場いただいた皆様、ありがとうございました。

詳しくは「TRANSIT 美しきイスラームという場所2015」をご覧ください。