TRANSIT /  Info  / here

美しきスイス・オーストリアのなか身を紹介!
<スイス・アルプスの麓編>

Info | 2015.10.30

いよいよ発売となったTRANSIT30号では、
ヨーロッパの"真ん中"で確固たる存在感を放つ、スイスとオーストリアを特集しました。

20151031_001.jpg

古くよりから東西南北の諸国を繋ぐ交通の要所だった2つの内陸の国。
タイトルに「アルプスの麓 ドナウの畔」とあるとおり、山や川、そこにある地形から
自然にかたちづくられた街並には、ヨーロッパの原風景が残っている−−。
その姿を写すべく取材した今号を、スイス編/オーストリア編と少しずつ紹介します。

取材クルーがまず向かったのはスイス・アルプス。
写真家・安彦幸枝さんが三大山岳エリアのひとつであるヴァリス地方を歩きました。
街の朝には山頂から流れる雪解け水の音が聞こえて、谷間からはマッターホルンが覗く。
写真家が見た、アルプス滞在の日々が綴られます。
20151031_002.jpg

初秋にはスイス中央部にあるベルナーオーバラント地方へ。
登山列車で山をのぼり、村の一大イベントである「チーズ分配祭」に参加。
山や谷、食卓、と昔のまま残る生活のシーンに、民話やお伽話の面影を探しました。
20151031_003.jpg

そんなスイスを語るに欠かせない"アルプス山脈"そのものにフォーカスしたページも。
「アルプスへ!」では山脈の成り立ちや標高ごとの植生など、キホンのキを学んだ
あとに、実際に登る準備や体験談でかの地への訪問をシュミレート。
「アルプスのギャラリーへようこそ!」では多くの芸術家から生まれた、アルプスを題材
にしたアート作品を絵画/写真/グラフィク/文学/音楽とカテゴリ別に紹介します。
004-2.jpg
20151031_005.jpg

さらにみんな大好き!アニメ『アルプスの少女ハイジ』も。素朴なギモンで紐解く全貌と
ともに、キャラクターデザイン・作画監督である小田部羊一氏へのインタビューも必見です。

20151031_006.jpg

ほかにも、スイス現代社会の2つの素顔に迫る「スイスの光と陰」、アルプスの仮装文化
と民族衣装を遊んで学べる「カード&着せ替え人形セット」、スイスデザインを3本の柱
で概観する「スイスデザイン集成」など
スイスをつくるもの/スイスから生まれたもの、どちらも充実にカバーしています!
ぜひお手に取ってみてください。


次回はオーストリア編です。お楽しみに!


 

20151031_007のコピー.jpg

本誌掲載の撮り下ろし写真のポストカード(3種)をプレゼント中!

左から
・フンデルトヴァッサー建築のブルマウ温泉村にて
・丘から見下ろした夜のウィーンの街並み
・ゴルナーグラート駅から望むマッターホルン

<入手方法>
その1:弊社ホームページで読者アンケートに回答する
その2:一部書店で購入時にもらえます(数に限りがあります)