TRANSIT /  Info  / here

d design travel SHIGA × TRANSIT30号
11/27 トークイベント開催!

Info | 2015.11.14

滋賀県の美しさや豊かさは、今を生きる自分たちだけではつくる事ができない。
40万年前からこの地に横たわる琵琶湖や、
その周りをぐるりと囲む山々や大地に根付き、棲む、あらゆる生き物たちが、
それぞれの役割を果たし、繋がり合って、潤いを分かち合っている。
世界のどこにもない固有の県だ。

昨日発売となった「d design travel SHIGA」の
編集長・空閑理さんは滋賀県についてこう語ります。

d design travel」といえば、
ロングライフデザイン活動家・ナガオカケンメイ氏の率いる
D&DEPARTMENT PROJECT さんが
デザインの観点からその土地に根付く "らしさ" を見つけ、
独自の方法で紹介していく唯一無二のトラベルガイド。

47都道府県それぞれの魅力を取材し、発行し続けている同誌が
今回の特集地に選んだのが、滋賀県でした。

一方、先日発売したTRANSIT30号でも、滋賀県長浜市を特集。
琵琶湖の豊かな自然や秀吉が残した町人文化に惹かれて
地元民と移住者が渾然となって街づくりをしている長浜市。
"本当の豊かさ"を求め、新たなライフスタイルをつくりだし、
"超自然体"な暮らしをする人びとを追いかけました。

d-design main*.jpg

nagahama**.jpg


そして今回、異なる旅雑誌が同じ滋賀という土地を取り上げたことから、
「d design travel」×「TRANSIT」の対談が実現しました。

今、なぜ滋賀や長浜を特集することになったのか。
滋賀を旅した d design travel 編集長の空閑さんとともに、その魅力に迫ります。
デザイン、旅、人、食、自然...
様々な角度から見つめたときに発見した、滋賀らしさとは?

旅の仕方から徹底した編集方針の話まで、
雑誌づくりについても余すことなくご紹介します!

トークイベントは今月27日(金)19時より、代官山蔦屋書店にて。
参加予約はこちらから。


d design travel SHIGA × TRANSIT30号 発売トークイベント

湖の畔に暮らすこと
〜旅雑誌編集者が見た滋賀・長浜〜

登壇者:空閑理(d design travel 編集長)、 森川幹人(TRANSIT 副編集長)

【日時】2015年11月27日(金) 19:00〜20:30 *開場 18:45
【会場】代官山 蔦屋書店 1号館 2階 イベントスペース


【参加方法】
■参加条件
代官山 蔦屋書店にて『d design travel SHIGA』、『TRANSIT30号』のいずれかをご予約、ご購入いただいた先着70名様に参加券をお渡しいたします。

■お申し込み方法
以下の方法でお申込みいただけます。
①代官山 蔦屋書店 店頭(3号館1階レジ)
オンラインストア
③電話(03-3770-2525)

【対象商品】
①d design travel 滋賀(D&DEPARTMENT PROJECT刊/¥1,512税込) 2015年11月13日発売
②TRANSIT30号 (講談社刊/¥1,850税込) 2015年10月30日発売

【ご注意事項】
*参加券1枚でお一人様にご参加いただけます。
*当日の座席は入場順となっております。
*参加券の再発行・キャンセル・払い戻しはお受けできませんのでご了承くださいませ。
*止むを得ずイベントが中止、内容変更になる場合があります。


登壇者プロフィール

・空閑理(くが・おさむ)
「d design travel」編集長
1983年福岡県生まれ。武蔵野美術大学 造形学部 油絵科(現代美術専攻)を卒業後、カイカイキキを経て、「d design travel」編集部に在籍。47都道府県に1冊ずつ発刊を目指す同誌制作全般と、関連の展覧会やイベントの企画・進行などを担当。

・森川幹人(もりかわ・みきと)
「TRANSIT」副編集長
1979年生まれ。桐原書店英語編集部、角川メディアハウス「シネコンウォーカー編集部」を経て、 ユーフォリアファクトリー「TRANSIT編集部」に在籍。今号では滋賀県長浜市の小冊子を企画から担当。