TRANSIT /  Info  / here

TRANSIT31号リリースパーティー
TIME TRIP NIGHT!
イベントレポート

Info | 2016.03.21

世界の美しい風景や文化、その地に暮らす人びとを、"旅"を通して伝えてきたTRANSIT。
これからは少し形を変え、ひとつのテーマのもとに複数の地域をつなぐトラベル・カルチャー・マガジンとして新たな道を歩んでいきます。
そんな旅路の第一歩目となる31号がついに発売となりました。

記念すべき最初の特集は「タイムトリップ!」。古代都市・ローマと奈良を旅したり、時空旅行を科学的に考察したり、さまざまな研究者や芸術家に"1000年後の未来に残したいもの"を聞いたりと、「過去・現在・未来」を感じられる濃い一冊となりました。

IMG_0586*.JPG

3月19日には原宿のVACANTにてリリースパーティを開催。
100名を超す方々にお越しいただいた当日の様子を、一部ご紹介しましょう。

トークショーの第1部は、巻頭のローマ取材を担当した写真家のmomoko japanさんと編集部の津賀真希が登場。本誌で掲載しきれなかった取材写真を公開しながら、制作の裏話を語ってくれました。美しい景色であることに加え、「タイムトリップ!」というコンセプトのもとに表現することが求められる今回。それでいてTRANSITの世界観を崩さないように......と、昨年11月頃から試行錯誤を繰り返してきたと明かしていました。ローマ取材中は不運にも豪雨に見舞われたそうです。そんな中撮影をしていたら、現地の人がカッパをかぶせてくれたという心温まるエピソードも披露していました。

IMG_0632*.JPG

IMG_0646*.JPG

第2部は、アートディレクターのSOUP DESIGN代表・尾原史和さん、本誌で時空旅行にまつわるパートを担当したフリー編集者・宇野浩志さん、TRANSIT編集長の加藤直徳と副編集長の林紗代香によるクロストーク。
TRANSITが31号から形を変えることになった経緯や、構成を考える上での意図などが語られました。本誌の目玉のひとつとなっているのが、宇野さんが原作したコミックです。読みやすいけれど、あえて説明しすぎない。作り手の思い描いた通りの絶妙なバランス感で成り立っている作品です。ちょっと難しいと思った人は、「way to time travel」のページを先に読むとよくわかるそうですよ。

IMG_0741**.jpg

IMG_0752*.JPG

トークショーの間は、世界中のフェスに出演し活躍するミュージシャン AmetsubさんによるDJプレイ。
作曲活動のため訪れた地で撮影したという車載映像と幻想的な音楽で、会場はまるで旅をしているような心地よい雰囲気に包まれていました。

IMG_0694*.JPG

IMG_0672*.JPG

フリーフローで堪能していただいたフルボディタイプの辛口スパークリングワイン「MARTINI」や、全自動エスプレッソマシンの最高峰「DeLonghi」の淹れたてコーヒーも大好評。旅のお土産蚤の市では、今回の取材先・ローマで手に入れたお土産も大人気でした。

IMG_0580*.JPG

IMG_0703*.JPG

IMG_0612*.JPG

3時間はあっという間にすぎ、無事閉幕しました。
お越しいただいた皆様、関係者の皆様、ありがとうございました!
6月に発売のTRANSIT32号もご期待くださいね。