TRANSIT /  Info  / here

6/14『カリフォルニア号』
代官山 蔦屋で先行発売イベント!
IT、オーガニック、大麻......
西海岸発の次なるニューウェーブは?

Info | 2017.05.29

スクリーンショット 2017-05-29 14.31.42.png
photo by TETSUO KASHIWADA

 1967年サンフランシスコ、ヒッピーカルチャーが最高潮に達したサマー・オブ・ラブから今年で50年。アメリカ国内の美術館や博物館でも、そのときのムーヴメントを見つめ直す展示が行われ、カリフォルニアが再注目されているタイミングでもあります。また、トランプ大統領が就任したことにより、カリフォルニアではアメリカからの独立を訴えるCalexitも一時盛り上がりを見せました。
 アメリカのフロンティアでありつづけたカリフォルニアは、どこへ向かおうとしているのか? そこにはまたもうひとつのアメリカの姿があるのではないか? その実像を捉えるために、TRANSIT36号ではカリフォルニアを特集地に選び、その地を旅しました。

スクリーンショット 2017-05-29 14.44.56.png
photo by NUMA

 今回、『カリフォルニア号』の発売を記念して、6/14(水)19:30〜代官山 蔦屋書店でトークイベントを開催します。ヒッピーカルチャーが生まれたカリフォルニア。いまもなお、既存のものに対抗して新しいものを生み出そうとするDNAは、この地で育まれ、ビジネスの世界でも引き継がれています。カリフォルニアから起こる、次なるニューウェーブはなんなのか? シリコンバレーのIT企業を追いつづけ、36号でもカリフォルニア経済について執筆したNewsPicks記者森川 潤氏、36号の取材で、大麻ツーリズムに湧くカリフォルニアを取材したフォトジャーナリストNuma氏、それぞれのページを担当した編集部員とともに、カリフォルニアについて語ります。

発売記念イベントの参加については以下をチェック!

代官山蔦屋書店 TRANSITイベントサイト
http://real.tsite.jp/daikanyama/event/2017/05/transit-36.html




『カリフォルニア号』発売イベント
日時:2017年6月14日(水) 19:30〜21:00
場所:代官山 蔦屋書店 1号館2階 イベントスペース
参加条件:代官山 蔦屋書店にて『TRANST カリフォルニア号』ご購入の方
予約方法:代官山 蔦屋書店 店頭 or 代官山 蔦屋書店オンラインストアより申し込み
http://real.tsite.jp/daikanyama/event/2017/05/transit-36.html

〈登壇者プロフィール〉
森川 潤(もりかわ・じゅん)
米ニューヨーク州生まれ。京都大学文学部卒業後、産経新聞、週刊ダイヤモンドの記者を経て、現在はNewsPicksの記者を務める。経済の観点から現代カルチャーを読み解く著書も執筆。『アップル帝国の正体』(共著)、『誰が音楽を殺したか』(共著)等。

NUMA(ぬま)
フォトジャーナリスト。都市から辺境へと渡り歩き、そこに暮らす人びとと関わり合いながら体験した出来事を写真と文章で表現している。DJ及び、選曲家としても活動。