TRANSIT /  Info  / here

Let's go on a Sound Journey
B&O PLAYと巡ったカリフォルニア

Info | 2017.06.23

スクリーンショット 2017-06-23 午後5.22.21.png

Bang&Olfsenのカジュアルラインとして洗練されたデザインと高い品質はそのままに、
スマートフォンやタブレットPCからのシンプルな操作が好評の「B&O PLAY」


B&O PLAYをこよなく愛するカップルが今回の旅先に選んだのは"カリフォルニア"。
音楽やサーフィンといったカルチャーやダイナミックな自然の聖地巡礼の記録を
TRANSIT36号
でぜひチェックしてほしい。

LOVE&PEACEな時代にタイムスリップすることも、地元キッズのスケボートリックを見ながらロックすることも、波乗り前に気分を高めることも、B&O PLAYがあれば簡単にできる。

スクリーンショット 2017-06-23 午後4.31.55.png

スクリーンショット 2017-06-23 午後4.23.02.png


そうして、旅のハイライトに彼らが選んだのは、ジョシュアツリー国立公園。焚き火を囲んで、コンパクトサイズのスピーカーBeoplay P2のスイッチをオン。真っ先に流したのはU2の「Joshua Tree」だ。ベタだけど、ここでこの曲を聴くのが昔からの夢だった。つづいて「I Still Haven't Found What I'm Looking For」に耳を傾ける。
2人の旅はまだまだ終わらない。

スクリーンショット 2017-06-23 午後4.39.58.png

ー B&O PLAYと巡ったカリフォルニア ー

《巡礼スポット&選曲》
・ヒッピー文化の聖地、ヘイト・アシュベリー
グレイトフル・デッド「Sugar Magnolia」× Beoplay H5, BeoplayH9


・ LAカルチャーの自然発生地、ベニスビーチ
ビースティ・ボーイズ「ROOT DOWN」× Beoplay H4


・ マリブのサーフライダービーチ
ネッド・ドヒニー「Get It Up For LOVE」× Beoplay A2 Active


・ ジョシュアツリー国立公園
U2「Joshua Tree」「I Still Haven't Found What I'm Looking For」× Beoplay P2


誌面に合わせて、B&O PLAY×TRANSITオリジナル表紙のリーフレットも、
都内および首都圏の家電量販店のB&O PLAYコーナーにて無料配布予定。


Transit.jpg


旅のよきパートナーB&O PLAYの音と機能をまずは店頭で試してほしい。


KANJITSU DENKI
kanjitsu-boplay.jp