TRANSIT /  Info  / here

タイ最大のスラム地域を撮り下ろした
橋本裕貴の写真集『KLONG TOEY』

Info | 2017.10.03

unnamed.jpg

バンコクにある、タイ最大のスラム地域クロントイ・スラムを写真家・橋本裕貴が撮り下ろした写真集『KLONG TOEY』(発売:888ブックス)が11月1日に発表される。それに伴い、10月5日から開催のTOKYO ART BOOK FAIR にて、先行販売が行われる。

『KLONG TOEY』は、クロントイ・スラムの縫製所で働く女性や軒先でものづくりをする人々が生産を行うライフスタイルブランド「FEEMUE(フィームー)」のプロジェクト。

橋本はスラムに滞在し、複雑に入り組む路地を丹念に歩き、廃材で造られた家や、貨物列車が通る線路ギリギリのところで暮らす人たちなど、クロントイの「今」を撮影した。
貧困など様々な問題を抱えながらも、優しく明るい笑顔をのぞかせる住民の姿は、私たちが思い描く「スラム」のイメージをたやすく裏切ってくれる。


02.jpg

03 .jpg

「FEEMUE」は、デザイナーのFUJI TATE Pを迎え、クロントイ・スラムが持たれるネガティブなイメージを、デザインの力で変えることを目標として立ち上がったブランド。この写真集以外にも、アクセサリーやTシャツ、バッグといった作品が発表されている。その初めての展示会を、民族の伝統を大切にしたもの作りをするCRAFT AID(クラフトエイド)とともに開催する。

04.jpg

05.jpg

2017年11月1日(水)~6日(月)、場所は渋谷ヒカリエ8F Creative Lounge MOVのエントランスにあるaiiima1&2。約30年の歴史の中で集められたアジアの山岳少数民族の衣装やスラムで作られた小屋などを展示し、現地のリアルを体感する内容だ。

期間中はオープニングイベントに始まり、ワークショップ、ギャラリートークなど、出入り自由の気軽なイベントも。参加費は無料なので、秋の連休中、ぜひ気軽に遊びに行ってもらいたい。

※CRAFT AIDは(公社)シャンティ国際ボランティア会のフェアトレード事業。FEEMUEはタイのNGOシーカー・アジア財団が運営している。

06.jpg


橋本裕貴 『KLONG TOEY
』

体裁: 224ページ
 188×120mm
 コンデックス装

価格:2500円+税

発行:888(ハチミツ)ブックス

発売:2017年11月1日

取り次:ツバメ出版流通
デザイン:堀 康太郎(horitz)
寄稿
:秦 辰也(近畿大学国際学部国際学科グローバル専攻教授)、菅原信子(TRANSIT編集)

橋本裕貴
1978年神奈川県生まれ。写真家。青山学院大学卒業後、2001年から渡仏し Spéos Paris Photography Schoolで学ぶ。2004年より写真家泊昭雄氏に師事。 2006年よりフリーランスとして活動開始。
www.hirotaka-hashimoto.com

【TOKYO ART BOOK FAIR】
会期:2017年10月5(木)~10月8日(日)
会場:寺田倉庫 東京都品川区東品川2-6-10
公式サイト:www.tokyoartbookfair.com


【CRAFTAIDとFEEMUE展】
日時:2017年11月1日(水)~6日(月) 11:00~20:00(最終日は17:00終了)
会場:aiiima1&2 渋谷ヒカリエ8F Creative Lounge MOV
   アクセスはこちら

展示内容:
現地の食と旅情報満載のオープニングイベントから、東南アジアの山岳民族が受け継ぐ刺繍や手織り布の紹介、写真家橋本裕貴の写真講座や、発売記念トークショーなど、ワークショップも加えて盛りだくさん。
イベントの詳細・申込みはこちらから 
※限られたスペースのためイベントは事前にお申込みください。

問い合わせ先 :TEL 03-3350-1981
Email craftaid@sva.or.jp