TRANSIT /  Info  / here

X'masの食卓を
フランス流に楽しむなら
メゾン・ランドゥメンヌへ

Info | 2017.12.01

フランスの味が楽しめると、連日多くの客で賑わう麻布のブーランジェリーパティスリー・メゾン・ランドゥメンヌトーキョー。ブーランジェである石川芳美さん、パティシエのロドルフ・ランドゥメンヌさん夫妻が、2006年にパリに1号店をオープンしたことからはじまり、これまでにブーランジェリー・オブ・ザ・イヤー パリを受賞するなど、フランスで確固たる評価を得ているお店だ。現在パリ市内に14店舗を構え、2015年には現在の東京店が誕生した。

1_maisonlandemaine.png

今月から、パリでも人気を博すこの時期だけのクリスマス商品が、メゾン・ランドゥメンヌトーキョーでも発売される。ダークチョコとミルクチョコ、二層のムースと軽やかな食感のプラリネで仕上げた創業以来の定番商品「ブッシュ・マーブルノワール」。パリで一番人気の二種類のマロン・クリームとマロングラッセ、メレンゲが詰まった「ブッシュ・モンブラン」も並ぶ。今年から東京店で初めて発売される「ベラヴェッカ」も注目だ。フランスでは高級なお菓子として、お土産にも喜ばれるクリスマスケーキだ。ドライフルーツやナッツが贅沢に使われてスパイスが効いたケーキを、薄くスライスしてチーズやワインと一緒に食べて楽しむ。フランスの年の瀬の風物詩であるライ麦パン「セーグル」も、ぜひ試してみたい。フランスのクリスマスのディナーでは牡蠣などのシーフードを食べることも多く、そんなときに好んで食べられるのがこの素朴な味わいのライ麦パン。メゾン・ランドゥメンヌトーキョーの「セーグル・瀬戸内レモン」は、石川さんの故郷、広島ブランドの瀬戸内レモンがふんだんに使われていて、魚介類の相性も抜群!

2_スクリーンショット 2017-12-08 11.27.32.png
「ブッシュ・マーブルノワール」

3_スクリーンショット 2017-12-08 11.28.09.png
「ブッシュ・モンブラン」

4_スクリーンショット 2017-12-08 11.28.45.png
「ベラヴェッカ」

5_スクリーンショット 2017-12-08 11.29.20.png
「セーグル・瀬戸内レモン」

パリ生まれのメゾン・ランドゥメンヌのお店にいるだけで、フランスならではのクリスマスの楽しみが見えてくるよう。さらに東京店だからこそ味わえるパンやパティスリーもあるのも面白い。今年のクリスマスは是非メゾン・ランドゥメンヌで、美味しいひとときを楽しんでほしい。


メゾン・ランドゥメンヌトーキョー本店

住所:東京都港区麻布台3-1-5
営業時間:月曜~土曜 7:00~20:30/日曜・祝日 7:00~19:30
*ランチタイム:平日11:30~14:00 L.O./ブランチタイム:土・日・祝日10:00~14:30 L.O.
定休日:なし
電話:03-5797-7387
6_maisonlandemaine.png