TRANSIT /  Info  / here

"この町には耳をふさぎたくなるほどの静けさがある"
佐藤健寿氏『THE ISLAND 軍艦島』を刊行

Info | 2018.01.21

トランジットでもおなじみの写真家・佐藤健寿さんが、新刊『THE ISLAND 軍艦島』(朝日新聞出版)を1月19日に刊行しました。

今作で佐藤さんがテーマとしたのは、世界にその名を知られる「軍艦島」。長崎市のバックアップのもと、軍艦島の立ち入り禁止区域に上陸して撮影しています。世界の廃墟をめぐってきた佐藤さんをして「廃墟の王」と言わしめる、軍艦島の知られざる姿とは。

th_000259240012.jpg

「自分の作品の中では、一番シンプルで、ある意味で一番実験的な作品」と、佐藤さんは語ります。写真集でありながら「軍艦島にまつわる、一片の詩」との出会いが、制作のきっかけになったそう。本の中で引用されるこの不思議な「詩」の驚くべき正体は、本の中に答えが隠されています。

th_000259240012.jpg

漆黒のページから始まる本作。「軍艦島のある建物で目が覚めた人が、真っ暗な室内から手探りで外へと向かいながら、島、つまり自分を取り巻く世界をだんだんと知っていくSF的なイメージで作りました」と、佐藤さん。

th_th_1.jpg

th_th_4.jpg


デザインはこれまで多くの写真集を手がけているトリムデザインの塚原敬史さん。ソリッドなデザインも軍艦島の力強くも、静かなトーンを引き立てています。


th_th_8.jpg

th_gkj.jpg

撮影では主にフィルムカメラを使用しながら、最新のドローンを駆使したカットも印象的です。「軍艦島の雰囲気を伝えるために絵に余白があるフィルムを使いました。ドローンのカットもあまり見たことのない画角で捉えることができたと思います」。

L1090271.jpg

「できるだけゆっくりとページをめくって見てほしい」と佐藤さん。シンプルに削ぎ落とされた写真と言葉。ページとページの余白から軍艦島にただよう"耳をふさぎたくなるほどの静けさ"が伝わるような、不思議で美しい作品となっています。

th_th_6.jpg

th_IMG_2114.jpg


『THE ISLAND 軍艦島』の刊行にあわせて、東京・福岡・長崎・大阪でもイベントを予定。銀座蔦屋書店、中目黒蔦屋書店では刊行を記念したフェアも開催しています(詳細はこちら)。サイン本や軍艦島や海外で撮影した額装写真の展示販売(銀座・中目黒)、軍艦島を立体化した3Dオブジェの展示(銀座)も行っているそうなのでぜひ足を運んでみては。

なおトランジットでは次号から佐藤さんが撮り下ろす特別連載も予定しています。こちらもお楽しみに!



A1fDAFUypdL.jpg

『THE ISLAND 軍艦島』

発行:朝日新聞出版
定価:2200円/112P カラー/ハードカバー
著者:佐藤健寿

佐藤健寿公式サイト http://kikai.org



「TRANSIT 特別編集号 美しき不思議な世界」(在庫わずか)はこちらからもお求めいただけます。