TRANSIT /  Info  / here

小島 聖さんの初エッセイ
『野生のベリージャム』発売!

Info | 2018.03.03

H1.jpeg

TRANSIT29 オセアニア号でも、キャンピングカーでニュージーランドを巡り、現地で手に入れた食材をその場で調理して、おいしく、豊かに、大自然を旅する姿を見せてくれた小島 聖さん。女優として忙しい日々を過ごすなかでも、ふと思い立って、ネパールの山々に登ったり、アラスカをカヌーで渡ったり、ハードな旅をしている。荒野のただ中でも、山中にいても、聖さんが旅のなかで大切にしているのが、"何を食べるか"ということだという。そんな彼女の旅と食の記憶を綴った初エッセイ集『野生のベリージャム』が発売されました。

S_essei-13_s.jpg

S_essei-07 _s.jpg

「個人的な話が得意ではない私が、なぜ今回自分の言葉で何かを人に伝えたいと思ったのか。そのきっかけは、ジョン・ミューア・トレイルを歩いた経験にある。とにかく毎日が楽しかった。こんな遊び方もあるんだ。こんなに素晴らしい自然の中を歩けるんだ。みんなおいでよ。そう素直に思った。そしたら人に伝えたくなった。それだけだった。(本文より)」

00100016 copy_s.jpg

00050011 copy _s.jpg

ネパール、スイス、フランス、ジョン・ミューア・トレイル、アラスカ。彼女が愛する旅先を、章立てで紹介。旅のエッセイとルート、そして何よりその地で食べたものやレシピのメモがまとめられている。ただし、レシピといっても、食材と設備が限られた大自然のなかでは、少々ワイルド。

「野生のベリージャム 
1.荒野に自生しているサーモンベリーやブルーベリーを摘んでくる。
2.摘んですぐ、生のまま食べきれなかった実に砂糖をまぶしてなじませる。
3.鍋で煮詰めて、できあがり。(本文より)」

とってもシンプルなのだが、その描写がとにかく食欲をそそるのだ。文章を読んでいるだけで、一緒に荒野を歩き、お腹を空かせ、ごはんをつくり、目の前の食べ物をいただいている気分になる。本を開いて、聖さんの文章に触れることで、あなたのなかに眠る野生も目覚めるかも。


■『野生のベリージャム』
発売日:2018年3月2日
定価:2,000円+tax
出版社:青幻舎

著者:小島 聖
ブックデザイン:葛西 薫
写真:野川かさね、武藤 彩、石塚元太良
編集:石田エリ

■プロフィール
こじま・ひじり●NHK大河ドラマ『春日局』でデビュー。1999年、映画『あつもの』で、第54回毎日映画コンクール女優助演賞を受賞。映画、テレビ、舞台で幅広く活躍する。