TRANSIT /  Info  / here

今すぐ行きたい!キューバ
最新号付録はハバナの街歩きガイド

Info | 2018.04.12

キューバ旅の入り口となる首都、ハバナ。
クラシックカーが走っていたり、スペイン統治時代の建物が立ち並んでたりと歴史的価値のある都市である一方、その建物にはいまも人びとが暮らしていたりとキューバの日常が感じられる場所でもあります。

最新号の付録は、そんなハバナを案内するトラベルガイド。

180412_01.jpg

ハバナには旅行者向けのレストランや土産物屋もあるけれど、全人口の20%以上が暮らすというだけあって、ガイドブックに載っていないローカル感溢れるお店やスポットもそこかしこに見つけられます。そしてキューバ通は、伝統料理は地元民が集う食堂に本物の味があって、代表的な特産品のひとつであるラム酒も葉巻の紫煙が漂う酒場でこそ、本来の味を嗜むことができる、、、と口を揃えて言います。

、、、ということで、キューバを愛しキューバに精通する5人にナビゲートしてもらうことに。それぞれ定番スポットにコアな旅行者向けのものを加えて、キューバに通い詰めたからこそおすすめできる場所をセレクトしてもらっています。

180412_02.jpg

180412_03.jpg

食、買い物、宿、観光地と旅のためのカテゴリを網羅。
紹介しているスポットのすべてに5人のコメント&地図付き。愛と情熱溢れるコメントを読み込めばキューバの魅力がもっと感じられるはず。

180412_04.jpg

ハバナのほかに西部・中部・東部ごとにおすすめスポットも紹介しているので、他の街に足を延ばしたい人はこちらもどうぞ。キューバの面積は約11万平方キロメートルと本州の約半分。2週間くらいあれば、各都市に寄り道しながら横断トリップもできてしまいます。(今号でも写真家・山西崇文氏が横断旅を敢行。詳しくは本誌にて)

旅がもっと楽しくなるこの一冊をもって、現地をぜひめぐってみてください!