TRANSIT /  Info  / here

北欧アイスランドをもっと身近に
『アイスランドマーケット』
名古屋にオープン

Info | 2018.05.28

lobster1.jpg
神秘のベールに包まれた北欧最北端の国、アイスランド。TRANSIT37号ではどこか遠くの惑星のような雄大なランドスケープと生命の息吹に満ちた自然、世界の先端を走るクリーンな社会の仕組み、奥深いアートカルチャーなどを総力特集した。

年々観光地化が進んでいるといえど、未だにガイドブックが少ないこの国は果てしなく遠く、謎に満ちている。そんなアイスランドを日本にいながらより身近に感じることが出来る、アンテナショップ『アイスランドマーケット』が満を持して名古屋の名東区にオープンした。アイスランド大使館も推奨する同店が掲げるコンセプトは「アイスランドを日本へ」。ここでしか体感できないアイスランドカルチャーの数々が目白押しだ。

ぬくもりを感じる北欧インテリアと開放的な空間が心地良い店舗。併設されたカフェスペースも魅力のひとつ。バケツ型のフライパンの中、バターやガーリックと共に豪快にソテーされた手長海老、「アイスランディック・ロブスター」はビールの肴として優秀すぎる逸品!くりぬいたパンにビスクを流し込んだ「ブレッドボウル」は、長く厳しいアイスランドの冬を、芯から温める伝統料理。その他パンケーキをはじめとしたスイーツなど、この国ならではの食文化を楽しめる。

1Z1A4534.JPG「ブレッドボウル」
アイスランドで人気のスタイル。大きなパンを器に、スープや煮込み料理を入れ、味がパンに染み込み、最後まで美味しくいただける。

1Z1A4349.JPG「スモーブロー」
ライ麦パンにコールドカットのお肉や魚をのせ、トッピングの組み合わせで美しさと奥深い味を作るオープンサンドイッチ

店内セレクトショップでは、アイスランドで愛される本当に良いブランドとモノだけがピックアップされている。機能美と快適性を追求したハイレベルウェアを取り扱う歴史あるデザインカンパニー「66°NORTH」をはじめ、世界初、植物由来のEGFが含まれるスキンケアシリーズ「バイオエフェクト」。アイスランドのチョコレートメーカー「ビーン・トゥ・バー」が香りとフレーバーの多様性をとことん追求した「オムノムチョコレート」など、選りすぐりの商品の数々を実際に手に取ってみては。

遥か遠くの島国アイスランド。しかしそこから発信される文化に肌で感じ、舌で楽しみ、思いを馳せることで、彼の国はもっと身近なものになるのではないか。日本とアイスランドを繋ぐ新たなプラットフォーム『アイスランドマーケット』に是非足を運んで欲しい。


アイスランドマーケット
住所:465-0051 愛知県名古屋市名東区社が丘1-1605 1F
電話:052-753-6050
営業:ランチタイム11:00~14:00
      デザートタイム 14:00〜18:00(L.O.17:00)
定休:水曜