TRANSIT /  Info  / here

ポルトガルの夏の暮らしに触れる
「MÃO / PORTUGAL 」展

Info | 2018.06.10

180610_001.jpg

ポルトガルでのフィールドワークを通して出合ったさまざまな手仕事を
毎回テーマを変えて紹介しているカステラノート

ポルトガルといえばアズレージョをはじめ古くより手仕事が盛んですが、
最新号では、いま注目を集める現代クリエイターを紹介していただいています。

そんなカステラノートによる「MÃO / PORTUGAL 」展
ギャラリーショップThis_で開催中。
今回のテーマは「夏の家」。西の太陽が注ぐまぶしい季節に、
かの地の暮らしを軽やかに彩る衣食住のモノたちが並びます。

180610_004.jpg

180610_005.jpg

180610_002.jpg

180610_003.jpg

180610_006.jpg

180610_007.jpg

ポルトガルの最南アルガルヴェのおばあちゃんたちが編む素朴なバスケットに、
セイラー(船乗り)でアーティストであるマルガリーダと
そのパートナーが生み出す夏にぴったりの絵付けのセラミックシリーズ、
ポルトガル第2の都市ポルトの作家イネス・ソブレイラによる
シルバーの糸を編み紡ぐ繊細なアクセサリーなど。

180610_008.jpg

180610_009.jpg

加えて、夏のダイニングにぴったりのテーブルファブリックやカトラリー、
ポップでグラフィカルなラグ、滋味深い料理を際立てる素朴な風合いの陶器や
オリーブのカトラリーなども並びます。

かの地の風土に培われてきたモノが集まる店内に足を踏み入れれば、
まるでポルトガルの友人宅にお邪魔したような心地に。

一足先に夏の匂いを感じに訪れてみてください。


「MÃO / PORTUGAL 」展

会期:2018年6月9日(土)〜6月16日(土)
時間:11:00〜18:30 水曜休み
会場:This_
住所:世田谷区世田谷4-2-15(東急世田谷線 松陰神社前駅より徒歩1分)