TRANSIT /  Info  / here

6/19売のポルトガル号の表紙決定!
編集部イベントも計画中です!

Info | 2018.06.08

「ここに陸尽き、海はじまる」
------カモンイス

ユーラシア大陸の西の果てにあり、古くからフェニキア人、ローマ人、ムーア人、ユダヤ人をはじめとする多くの民族が行き交い、多様な文化が芽生えてきたポルトガル。中世に入ると欧州のどの国よりもいち早く荒波を越えて、アフリカ、アジア、南米を旅して大航海時代の先導を切った。初めて世界一周を成し遂げたのも、ポルトガル人マゼランが率いたスペイン艦隊。日本の地に西洋人として初めて足を踏み入れ、鉄砲やキリスト教を伝えたのだってポルトガル人だった。

TRANSIT40号では、欧州の先端に立って大航海時代の礎を築き、いまなお中世の美しい街並みを残すイベリア半島の最西端に針路を定め、ポルトガルを総力特集しました。いよいよ6/19(火)に全国書店で発売します。

スクリーンショット 2018-06-08 20.40.53.png

ポルトガル号の表紙を飾るのは、世界最古の大学のひとつ、コインブラ大学に付属する礼拝堂。青をベースに、黄、ピンク、緑、金の絵柄で埋め尽くされたアズレージョと天井画。その細やかさはイスラーム芸術の"空間恐怖"にも通じるよう。多くの民族の文化を受け入れてきたからこその、ポルトガルの装飾美のようにも感じます。

表紙を撮り下ろしたのは、パリ在住のフォトグラファー宮本 武さん。本誌では「ポルトガルが奏でる風景」というタイトルで、ポルトガルを彩る"色"や"模様"を探して、各地を旅しました。モスクと見紛うような紺碧のアズレージョ、大航海時代の栄光を物語る建築物の断片、信仰の深さが垣間見える精巧な宗教画、アールヌーヴォー様式と混ざり合った名もない民家のバルコニー。異民族、異文化を飲み込み、時代をかけて溶け合い、表出したものが、ポルトガルをかたちづくっていくのだと、写真が静かに伝えてくれます。

スクリーンショット 2018-06-06 20.47.24.png

スクリーンショット 2018-06-06 20.47.37.png

スクリーンショット 2018-06-06 20.39.47.png
(c)Takeshi Miyamoto

銀座 蔦屋書店では6/18(月)より、宮本 武さんのポルトガルの写真展を行います。表紙や取材記事で切り撮られたポルトガルの風景を、実際に写真で見て、その場でご購入いただくこともできます。併せてポルトガル雑貨や関連書籍の販売も。

スクリーンショット 2018-06-07 19.21.03.png
(c)Keiko Nomura

スクリーンショット 2018-06-07 19.22.00.png
(c)Satoko Imazu

ほかにも、ポルトガルのイベントも続々と計画中。発売より一日早い6/18(月)に、代官山 蔦屋書店でトークイベントを行います。取材でアレンテージョ地方を訪れた編集・ライターの岡田カーヤさん、ポルトガル北部の小さな村々をロードトリップしたフォトグラファーの今津聡子さん、編集長の林 紗代香が登壇。「日本が初めて出会った西洋、ポルトガルを「発見」する旅へ。〜この世界の西の果て、には何がある?〜」と題して、彼の地の魅力を語り合います。

スクリーンショット 2018-06-08 20.39.07.png

7/1(日)には、映画『ポルトガル ここに誕生す〜ギマランイス歴史地区〜』の上映会を行います! 100歳を超えても映画を撮りつづけた巨匠マノエル・ド・オリヴェイラをはじめ、ポルトガルを舞台に名匠たちが監督した3作品を上映予定。アフタートークには、ポルトガルと日本で撮影をしてきた舩坂 淳監督に登壇いただき、ポルトガル映画の魅力や映画制作の裏話を話していただきます。
さらに! 代々木公園の予約が取れないポルトガル料理店「クリスチアーノ」のオリジナル(!)イワシメニューや、ポルトガル現地に赴いて手仕事の品々を買いつけている「カステラ・ノート」の雑貨販売など、盛りだくさんの内容を企画中。

まずはTRANSITの本誌でポルトガルの世界を楽しみつつ、トークイベント、写真展、上映会などなどで、目も、耳も、舌も、全身でポルトガルを感じてください。上映会のイベント詳細は改めて紹介していきます。乞うご期待!


【ポルトガル号発売イベント情報】
「日本が初めて出会った西洋、
ポルトガルを"発見"する旅へ。
〜この世界の西の果て、には何がある?〜」

日時:2018年6月18日(月)
   開場 19:00/トークイベント 19:30〜21:00
   編集・ライター 岡田カーヤ
   フォトグラファー 今津聡子
   編集長 林 紗代香
会場:代官山 蔦屋書店 1号館2階
   東京都渋谷区猿楽町17-9
参加条件:代官山 蔦屋書店オンラインにて、TRANSITポルトガル号購入 or 参加費1,000円(税込)
お申し込み方法:代官山 蔦屋書店 オンライン
定員:60名


■「TRANSITポルトガル号 写真展」
日時:2018年6月18日(月)〜7月31日(火) 
営業時間:9:00〜23:30
会場:銀座 蔦屋書店
   東京都中央区銀座6-10-1 GINZA SIX 6階
※写真展の作品はすべて1点ものです。売約状況に応じて展示作品が変動しますので、その旨予めご了承ください。


■「ポルトガル映画上映会」
日時:2018年7月1日(日)17:00〜20:00(予定)
会場:THINK OF THINGS
   東京都渋谷区千駄ヶ谷3-62-1
※参加条件、お申し込み方法などの詳細は、TRANSITのHPで後日告知いたします。