TRANSIT /  Info  / here

無印良品とTRANSITの食イベント
「世界はたべなきゃ分からない」
堺北花田店にて開催決定!

Info | 2018.07.18

20180718.png
©AKIKO BABA

旅の魅力といえば、そこでしか出合えない風景、やさしい人びと、その土地固有の文化などたくさんあるけれど、やっぱりはずせないのが、美味しい食事ではないでしょうか? おしゃれなレストランに行くのはもちろん、地元の人に愛される昔ながらの大衆食堂にも、旅先だとわくわくしてしまいます。ごはんが美味しいと、そこに住みたくなってしまうくらい土地への愛着も沸きますよね。そんな食好き、旅好きな方に、無印良品とTRANSITのコラボイベントをご紹介します。食に重点をおいて生鮮食品や焼きたてパンも展開する無印良品イオンモール堺北花田店にて、食をテーマにしたイベント「世界は食べなきゃ分からない」を開催します。

20180718-1.png
©AKIKO BABA

第1回となる7/29は、世界各国に足を運んでいるTRANSIT編集部も「本当にごはんが美味しい!」と絶賛するベトナムを取り上げます。TRANSIT 38号で特集したベトナム。社会主義の暮らしや急成長する経済のほか、リゾート地としても注目を集めていますが、その魅力はなんといっても食文化。TRANSIT 38号にも、ごはんをテーマにしたページが掲載されています。

P070-071_ベトナムの食-thumb-500x308-7612.jpg
©AKIKO BABA

「アンコムチュア?(=ごはん食べた?)」が挨拶になるほど、食べることが大好きなベトナムの人びと。あっさりスープのフォーやパリパリの春巻、さっぱり冷たいスイーツのチェーなど、誌面からも美味しさがあふれでています!
実は、ベトナム料理は北と南で味付けや食材が違うなど、風土や歴史に影響を受けたさまざまなかたちがあり、奥深いのです。そんなベトナムの食文化について、世界中をかけ巡り各国の食を味わってきたTRANSIT編集長・林 紗代香と、ベトナム料理研究家・トミザワユキさんがお話しします。

dg_7-8_DSC4878 (1).jpg
©AKIKO BABA

今回のイベントでは、トークのほかトミザワユキさんによるフォーの試食もご用意! ベトナムで料理の仕事をしていたトミザワさんがつくるフォーは、現地の雰囲気を味わえること間違いなしです。また、イベントに先駆けて7/16〜7/29はTRANSITベトナム号の一部写真をパネルにして飾ったり、希少なバックナンバーを販売中。こちらは営業時間中、自由に見られるコーナーなので、併せてお楽しみくださいませ! ベトナムの食に触れて、旅気分を味わってみませんか? 開催概要やお申し込み方法は以下をご覧ください。ご参加お待ちしています!

■「世界は食べなきゃわからない vol.1ベトナム編」
●イベント概要
日時:7月29日(日) 14:00-15:30
会場:無印良品イオンモール堺北花田 Open MUJI
住所:大阪府堺市北区東浅香山町4-1-12 イオンモール堺北花田 1F
定員:25人
申し込み方法:下記URLより
https://www.muji.com/jp/events/13306/?kitahanada=180716_8752&passportid=
※定員になり次第、受付を終了させていただきます。予めご了承願います。

●登壇者
林 紗代香
岐阜県生まれ。雑誌『NEUTRAL』の創刊時より参加。その後いくつかの雑誌を経て『TRANSIT』へ。旅する女性に向けた『BiRD』の編集長も務め、現在は『TRANSIT』編集長に。趣味は少数民族の村巡り、温泉、登山、舞台鑑賞、ギター弾き。

トミザワユキ
1978年生まれ。ベトナム料理研究家。大阪あべの辻調理師専門学校卒。ベトナムで料理関係の仕事に従事した滞在15年の後、2014年に日本に帰国。ベトナム料理レッスンの講師を務めるほか、イベント出店などの活動を行う。アジアの台所道具をコレクション中。共著に『ハッピーベトナム』『ハッピーハッピーベトナム』(双葉社 刊)。2018年8月にベトナムの食に関する共著本を出版予定。7月21日(土)には無印良品イオンモール堺北花田 Open MUJIにて恒例の人気イベント「はじめてのベトナム料理レッスン vol.3」を開催予定。