TRANSIT /  Info  / here

カリフォルニアの空気を葉山で
『prAna』を身につける
心地よいライフスタイル

Info | 2018.10.18

prana01.jpg

自然環境に配慮し、サステナブルな素材を用いたアパレル商品を展開している南カリフォルニア発のライフスタイルブランド『prAna』。9月25日に日本初となる待望のECサイトがオープンしました。
それに際し、葉山で開催されたローンチイベントにTRANSIT編集部も参加してきました。その様子をお届けします!

prana02.jpg

当日会場となったのは、豊かな葉山の自然と一体となりアクティビティを楽しめる、アウトドアフィットネスクラブ「BEACH HAYAMA」。カリフォルニアからは、ブランドマーケティングVPのJeff Haack氏と、写真家・Chris Burkard氏が来日し、『prAna』の根底にある理念や魅力についてプレゼンテーションが行われました。

prana03.jpeg「BEACH HAYAMA」

prana04.jpg

「心地よさと柔軟性を兼ね備えたスタイル。街中やアウトドア、どんなシーンでも着る事ができる汎用性。そして持続可能性を追求し続けるブランドである事。それらが『prAna』の魅力であり、誇りでもある」と、Jeff Haack氏は語ります。

prana07.jpgJeff Haack氏

カリフォルニアの雄大な自然・ライフスタイルを楽しむ心にインスパイアを受けた『prAna』は、1992年カリフォルニア州カールスバッドのとある夫婦のガレージで誕生しました。設立当初に掲げたのは「良いものを良い方法で創りたい」という理念。製品タグには再生紙を利用し、2018年にはウェアに使用する全ての綿を環境に配慮した100%オーガニックコットンに変更するなど、サステナブルな物づくりへの信念は、ブランドに脈々と流れています。

prana05.jpg

prana06.jpg

ブランドアンバサダーを務める写真家・Chris Burkard氏。高いパフォーマンス性と柔軟性を誇る『prAna』のウェアは、世界中の国々に赴き、圧倒的スケールな自然を写真に収め続ける同氏にとって、信頼のおける旅のパートナーだといいます。美しい写真と共に、カリフォルニアのライフスタイルや旅の魅力をキラキラと目を輝かせながら語るChris氏を見ていると、自分も『prAna』のウェアと共に日常の外へと踏み出してみたい...そんな思いに駆られました。

prana08.jpgChris Burkard氏

イベント後半はフィールドを葉山公園に移し、ヨガセッションが行われました。実際に『prAna』のウェアに着替えると...そのサラサラとした肌触りの優しさに病みつきになりそう。穏やかな波の音に身を委ねながら呼吸を整え、のびのびと自分に立ち返る時間を楽しんでいると、曇天模様だった空の隙間から夕陽が溢れ、葉山の海を真っ赤に染める...穏やかで、美しい時間がそこにありました。

prana09.jpg

prana010.jpg

「ゆったりと流れる時間、山と海、そして自然を愛する人びと...葉山が醸す空気感には、どこかカリフォルニアとリンクするものがあるのかもしれません」とは、社長のRuss Hopcus氏の言葉。
気持ちの良い服に包まれながら、ヨガをし、サンセットディナーを楽しみ...想い想いに自然を享受した時間と空間。『prAna』らしさが目一杯体現されたイベントとなりました。

prana012.jpeg

prana011.jpg


prana013-1.jpg

『prAna』
WEB site http://jp.prana.com
Instagram @prana_jp