TRANSIT /  Info  / here

韓国・北朝鮮号
中身を少しだけご紹介!
ー小冊子編ー

Info | 2019.01.10

IMG_3628.JPG

絶賛発売中のTRANSIT42号韓国・北朝鮮特集には特別付録として旅に便利な小冊子ガイドブックが付いてきます。韓国発のフリーマガジン「OhBoy!」特別編集のソウル案内と、「もし、旅をするなら」をテーマに北朝鮮に迫るハンドブックの豪華二本立て!ここではその中身を少しだけご紹介します。

ソウルtop.jpg

お隣の国、韓国は日本人にとって最もメジャーで安近短な旅先といっても過言ではありません。とりわけ首都のソウルはショッピングにグルメ、また新たなカルチャーの発信地として世界中から注目を浴び、毎年多くの観光客で賑わいます。

日々目まぐるしい速度で変化を遂げるそんなソウルの今を案内するのは、韓国発のフリーマガジン「OhBoy!」編集部。思わず手に取りたくなるスタイリッシュなビジュアルと鮮度の高いファッションカルチャーを切り取ったコンテンツで日本でも注目されているメディアです。

Eat、Drink、See、Shop、Brandの5つのカテゴリーごとに、ぎっしり47スポットを紹介!トレンドへの感度が高く、ソウルに根ざした「OhBoy!」ならではのラインナップです。観光名所やガイドブック御用達のお店ではなく、地元の人やソウルっ子でしか知り得ないディープな切り口で選定されたソウルの魅力を是非お楽しみください。

ソウル_01.jpg

ソウル_03.jpg

カルチャー誌という側面を持ちながら、「環境保護」「動物愛護」などのコンセプトをも掲げる「OhBoy!」。健康や環境への配慮がなされているかどうかも、今回のスポットをセレクトしたポイントなんだとか。

代表的な観光名所に立ち寄るのもアリだけど、「OhBoy!」ソウルガイドを片手に通なソウル歩きを楽しんでみては?

北朝鮮top.jpg

韓国とは対照的に、日本との国交がないゆえ渡航が推奨されていない、北朝鮮。報道でしか見聞きできず、謎のベールに包まれた北朝鮮を<もし旅をするなら?>というテーマでまとめたハンドブックもとじこみました。

北朝鮮の基礎情報に始まり、首都平壌のタウンガイドや北朝鮮全土にあるランドマーク、北朝鮮の娯楽と食文化など。フラットな目線で北朝鮮を知ることができるコンテンツが盛りだくさん。

北朝鮮_01.jpg

北朝鮮_02.jpg

万寿台大記念碑には必ずお供え用の花を買ってから訪問すること......など実用的なアドバイスから、金正恩委員長の髪型の呼称まで...(覇気ヘアですって)。北朝鮮のあまり知られていないトピックスを取り上げた「北朝鮮を知るための100のコト」は、思わず「へぇ〜」と唸ってしまうことでしょう。

旅先として声を大にしてオススメはできないけれど、本ハンドブックはきっとあなたを「北朝鮮仮想トリップ」にいざなってくれます。

情報量ぎっしりな「OhBoy!特別編集ソウル案内」と「もし、北朝鮮を旅するならー朝鮮民主主義人民共和国ハンドブック」。これら豪華な2冊の特別付録を参考に、近くて遠い朝鮮半島の旅を自分らしく楽しんでくださいね。