TRANSIT /  Info  / here

TRANSIT44号は砂漠特集!
6月22日(土)に発売イベント
「砂の惑星を彷徨って」
ゲストは写真家の石塚元太良さん、石田真澄さん

Info | 2019.05.30

4Z4A9630.png©️Gentaro Ishizuka

6月17日(月)発売のTRANSIT44号は、砂漠特集。水の惑星と呼ばれる地球ですが、実は陸地の約4割は乾燥地。砂漠といえば、「何もない」というイメージがあるかもしれません。でも砂漠は歴史的にみても文化・文明が生まれてきた場所であり、それは人類が昼間の灼熱や夜の寒冷、乾燥やそれに伴う水不足などに適応しようと、知恵を振り絞ってきたからでもあります。

そして、砂漠には風と砂がつくり出す砂丘や風紋といった自然のアートや、何もないからこその静けさや星の美しさ、キャラバンやオアシスの独特の営みがあります。単純に砂漠は美しく、そこに暮らす人びともまた美しいのです!

ゴビ02.png©️Masumi Ishida

今号では、サハラ、ナミブ、ゴビ、アタカマ、ルブアルハリ砂漠など、各大陸の砂漠を旅しました。昔ながらの伝統的な砂漠の暮らしだけではなく、UAEなどの未来都市や砂漠化などの環境問題も取り上げます。砂漠の過去、現在、未来が余すことなく詰まった一冊です。

今回は砂漠号の発売を記念して、最古の砂漠と呼ばれるナミブ砂漠を訪れた写真家の石塚元太良さんと、モンゴルの砂漠に生きる遊牧民の家族を撮影した石田真澄さんをゲストに招きトークイベントを行います。開催日は6月22日(土)、場所は二子玉川 蔦屋家電。何もない場所、過酷な世界のように思える砂漠に焦点を当て、一冊を通して見えてきたものについて、2人の写真家とTRANSIT編集部で対談します。

砂漠を知ることは、人類の起源から未来の地球に思いを馳せること⁉︎ イベント当日には雑誌も販売しております。ぜひ、お気軽にお越しください!

-----------------------------------------------------------------
▽イベント情報
「TRANSIT44 砂漠号 発売記念イベント 砂の惑星を彷徨って」
日時:2019年6月22日(土)
19:00~21:00(開場18:45)
会場:二子玉川 蔦屋家電 2階 ダイニング
住所:東京都世田谷区玉川1-14-1 二子玉川ライズS.C. テラスマーケット
定員:80名
参加条件:「TRANSIT44号砂漠特集 イベント参加券込み」(税込1,944円)もしくは「イベント参加券」1,500円(税込)を二子玉川 蔦屋家電ECサイトで購入

■参加方法
二子玉川 蔦屋家電のウェブページもしくは店頭、お電話(03-5491-8550)で申し込みいただけます。定員に達した場合、受付を終了いたします。

■登壇者 プロフィール

news-20171110gentaro-ishizuka_02.jpg
石塚元太良(いしづか・げんたろう)
1977年、東京生まれ。19歳からバックパック旅をはじめ、世界約80カ国を旅しながら撮影する。2004年日本写真協会賞新人賞受賞。2011年文化庁在外芸術家派遣員。アラスカとアイスランドのパイプラインを8×10の大判カメラで撮影した写真集『PIPELINE ICELAND / ALASKA』(講談社)で2014年東川写真新人作家賞受賞。2016年Steidl Book Award Japanでグランプリを受賞。

IMG_3210 2 2.jpg
石田真澄(いしだ・ますみ)
1998年、埼玉生まれ。2017年に初の個展「GINGER ALE」を表参道ROCKETで開催。2018年には、自身が通っていた女子高を撮影した初の写真集『light years-光年-』(TISSUE PAPERS)を刊行。大学に通いながら、カロリーメイトなどの広告や、『GINZA』『SWITCH』『RiCE』などの雑誌撮影で活躍する。