TRANSIT /  Info  / here

「みんげい おくむら」奥村忍さんの著書 『中国手仕事紀行』が刊行。
トークイベントを開催。

EVENTS | 2020.02.14

photo-0180.jpg
日本や世界の各地から集めた手しごとを中心とした生活雑貨の店「みんげい おくむら」
世界の日常が垣間見えるような高揚感はそのままに、実用性をともなった美しい道具が揃う人気のウェブショップです。

店主の奥村忍さんは、国内外問わず、買い付けの旅に明け暮れる日々を送っている旅の達人。そんな奥村さん、多様な手しごとに魅せられて、ここ数年ほぼ毎年中国に旅しているそう。
そして、中国のなかでもとくに手しごとが残る雲南省と貴州省にスポットをあてた著書『中国手仕事紀行』を刊行しました。藍染め、竹細工、手織りの布、陶磁器、ガラス、銅や真鍮細工、民族衣装......。経済成長が進み、いまやデジタル大国ともいえる中国ですが、地方には豊かな手しごとが残されているのです。
photo-0186.jpg
photo-0184.jpg
photo-0190.jpg
photo-0187.jpg

本書は、旅先でのエピソードを交えて手しごと別に記された紀行エッセイ。軽やかな筆致が心地よい一冊です。文章に添えられる、野性的で美しい写真は、TRANSITでも度々お世話になっている写真家・在本彌生さんによるもの。在本さんの感性によって、現地の色彩が鮮やかに切り取られています。

また、食文化にも造詣の深い奥村さんには、最新号のTRANSIT「中国四千年の食をめぐる旅」特集にて、お茶を通してみる中国社会にまつわる記事も寄稿いただきました。
中国各地を訪れ、長年人びとの暮らしを見つめてきた奥村さんならではの見解は、旅に新しい視点を与えてくれます。


P082-087_古今東西お茶物語_hi.jpg
P082-087_古今東西お茶物語_最終_ページ_3.jpg

2/22(土)には、誠品生活 日本橋にて、刊行を記念したトークイベントが開催されます。
奥村さんのトークの相手役を務めるのは、弊誌編集長・林。中国の地方の文化や各国の民芸品に興味のある方、世界各国を飛びまわる旅の達人2人への質問も、大歓迎です。
参加は無料ですので、ぜひ遊びにきてください。



■イベント情報
『中国手仕事紀行』(青幻舎) 刊行記念
「みんげい おくむら」奥村 忍流 中国奥地への旅ガイド
日時:2/22(土)  14:00 〜16:00  ※開場13:30~
会場:COREDO室町テラス2階 誠品生活日本橋 FORUM
参加費:無料。椅子席40名(事前にご予約が必要です)
チケットの申し込みはこちらから。


■登壇者プロフィール
奥村 忍(おくむら・しのぶ)
1980年千葉県生まれ。慶應義塾大学卒業後、各国を放浪。のち商社、メーカー勤務を経て国内外の手仕事の生活道具を扱うWEBショップ『みんげい おくむら』を2010年にオープン。月の2/3は産地を巡る旅をしながら、手仕事・旅・食 に関する執筆も手がける。 ・

林 紗代香(はやし・さよか)
1980年、岐阜県生まれ。雑誌『NEUTRAL』に創刊時より 参加。その後いくつかの雑誌編集部を経て、『TRANSIT』に参加。女性向け旅雑誌『BIRD』編集長を経て、発刊34号より『TRANSIT』編集長を務める。好きな国はインド、もう一度訪れたい都市はローマ。

お詫びと訂正