TRANSIT /  Magazine  / here
transit-cover.jpg

TRANSIT特別編集号 美しきイスラームという場所2015

発売日:2015年6月19日
"イスラーム"と聞いて思い浮かぶのはいったいどんな光景だろうか?黒い布に覆われた女性、乾いた大地に跪く人びとの祈りの声、そしてニュースで流れる、終わりの見えない戦争。そんなステレオタイプが"摩訶不思議"というヴェールになって、ほんとうの姿が見えなくなっているかもしれない。現代に溢れている様々なイメージから一度離れて、ニュートラルな状態からイスラームの"素顔"を探る増刊号。  

 特集するのは、イスラームの人びと、国、そして信仰そのもの。イスーラムの聖地はサウジアラビアのマッカ(メッカ)にある。ゆえにどうしても"中東"のイメージが強いが、かつては領地拡大の国家戦略のために、そして近年では移民として移り住む人びとによって、世界各地でイスラーム教徒として祈りを捧げる人びとがいる。そのため同じ信仰をもっていても、そのかたちは国、地域、個人によって多様に存在している。

 取材ページでは、住民の大部分がイスラーム教徒である国々を取りあげた。イランとトルコの2国に響くイスラームの通奏低音、3人の写真家が出会ったそれぞれの「幸福のアラビア」、布を纏った神秘的なイランの女性たち、パキスタン・フンザの花の谷に咲く素朴な人びとの営み。そして信者にのみ開かれるサウジアラビアという未知の国と、紛争によって一転したシリアの街の過去と現在。そのほか、イスラーム法による料理、聖堂の繊細なタイル、代替えとしての嗜好品など、信仰と絡み合う奥深い文化に迫る。

 第2特集では、イスラームを"知るため"の3つのテーマを用意。「イスラームの基礎知識」は信仰の決まりから、その歴史や教徒の一日、発明品にいたるまで、"イスラーム"にまつわる基本のキを網羅。「イスラーム過激派のヒミツ!」は9.11事件で世界中に存在を知らしめた"イスラーム過激派"の、現在までの変遷を徹底解説。そして「世界のイスラーム最前線」では、グローバルに展開されるイスラーム過激派のジハードを追って、世界各地で露呈する"イスラームにまつわる諸問題"にフォーカスする。

『TRANSIT』の前身である雑誌『NEUTRAL』が2004年に発売した創刊号は同じく"美しきイスラーム"特集だった。2004年と2015年、10年間のあいだに彼らを取り巻く世界はどのように変化したのだろうか?変わったものと、変わらなかったもの、そして今も昔も美しいもの。時代や国を横断しながら多角的にイスラームを見つめればきっと、彼らと私たちの"いま"が浮き彫りになってくる。

002.jpg 003.jpg 004.jpg 004.jpg 006.jpg 007.jpg 008.jpg 009.jpg

特集記事

  • イスラームの宇宙観 イラン・トルコ
    【写真:宮本 武、在本彌生/文:加藤直徳(TRANSIT)】
  • 幸福のアラビア イエメン
    【写真:茂木 大、半沢克夫、山西崇文/文:加藤直徳(TRANSIT)】
  • ヴェールに包まれたイラン女性の素顔 イラン
    【写真:松原博子/文:林 紗代香(TRANSIT)】
  • 花の谷の物語 パキスタン(フンザ)
    【写真・文:清水久美子】
  • はじまりの詩 アフガニスタン
    【写真:谷口 京/文:加藤直徳(TRANSIT)】
  • サウジアラビアに行ってきました サウジアラビア
    【写真:エリック・ラフォルグ】
  • 不思議の国の今 シリア
    【写真・文:アリ・アルマザウィ】

第二特集

  • イスラームの基礎知識
  • イスラーム過激派のヒミツ!
  • 世界のイスラーム最前線
  • 美しきイスラームという場所

そのほかの記事

  • イスラーム分布図
  • めくるめく嗜好の世界
  • マルジャン・サトラピが描くイラン、女性、イスラーム
  • イスラームに嫁いで
  • イスラーム美術、受け継がれる用法と美意識
  • 現代イスラーム・カルチャーガイド
  • イスラーム料理のハレとケ
  • イスラーム建築、今昔物語
  • イスラーム世界で愛される“ホジャ”のお話
  • イスラームを知るMUSIC/CINEMA/BOOK