TRANSIT /  Magazine  / here
transit-cover.jpg

TRANSIT 32号 美しき神の島へ ハワイ島/バリ島/出雲・隠岐

発売日:2016年6月17日

「神の島」と謳われる島々があります。そこに足を踏み入れたとき、なにか"見えない気配"を感じたことはないでしょうか。島という空間が内包する"神秘"や"未知"の魅力。その本質を見つけるため、遥か海を越え、太平洋に浮かぶ3つの神の島----ハワイ島、バリ島、隠岐へ向かいました。島と神の関係を、そしてそこに生きる人びとの暮らしを総力特集。

美しき島の旅は、豊かな自然を創り出した神々の物語が伝わるハワイ島からスタート。神様に捧げる踊りであり、祈りの言葉でもあるフラ・カヒコ(古典フラ)の踊り手たちのもとを訪れ、奥深い"フラダンス"の本質を探ります。圧倒的な生命力がひしめき合うハワイ島のジャングルでは、日本から移り住んだ母と娘の物語に出会いました。所変わって、島の旅は、島根県は出雲市の沖合に浮かぶ隠岐諸島へ。隠岐は、その面積からしても多い100以上もの神社が点在する神聖な地。神へ捧げる舞い、巫女神楽が執り行われた、島のハレの日に密着しました。また、神様を祀る儀礼が日々の生活に密着しているバリ島では、世の中の平安を願って過ごす静寂の新年「ニュピ」へ。ニュピは外出も仕事も一切禁止の"なにもしてはいけない"とされる特別な日。奇しくもインドネシアでの33年ぶりの皆既日食と重なり、魔法のような時間をとらえました。さらに、バリ島から東に浮かぶスンバ島、スラウェシ島、フローレス島ホッピングでは、精霊とともにある暮らしの"信仰宇宙"を彷徨います。

第二特集「島の神々と暮らしてみれば」では、ハワイ島、バリ島、そして島国ニッポンの暮らしに通底する"アニミズム"にフォーカス。「現代に息づくアニミズム」では、21世紀のアニミズム的感覚が表出されたアート、本、映画、音楽、そして医療、科学などの多岐にわたるカルチャーを一挙紹介。ほかにも3島の成り立ちから、各島にまつわる神様図鑑、そして聖地ガイドまで、充実した読み物ページが、神の島への脳内トリップへ導きます。

別冊付録には、大きなイラスト地図が便利な隠岐・出雲トラベルガイド。現地のお供にぴったりなサイズ感に仕上げています。さらに、ハワイアンカルチャーを楽しく学べる絵本仕立ての小冊子「ALOHA JOURNEY BOOK」に、外国人目線で日本を再発見する小冊子「異邦人として旅するニッポン」と特別付録も充実。

あらゆるものに神を見出すアニミズムの心。島の生活から私たちが学ぶことはたくさんあります。目に見えない気配を感じて神の島を旅してみれば、本当に大切なことはなにか、そのヒントがあるかもしれません。


002.jpg 003.jpg 004.jpg 004.jpg 006.jpg 007.jpg 008.jpg 009.jpg

特集記事

  • 溶岩の大地に咲いた花/ハワイ島
    【写真=岩崎美里】
  • ジャングルの子/ハワイ島
    【写真=岩崎美里】
  • 海、山、畑 神様はここにいる/隠岐
    【写真:久家靖秀】
  • はじまりの日、ニュピの魔法/バリ島
    【写真:鮫島亜希子】
  • 精霊の銀河を行く!/スンバ島・スラウェシ島・フローレス島
    【写真:山西崇文】

第二特集

  • ・島の神々と暮らしてみれば ——アニミズム的生活のススメ——
    基礎知識/神/生と死/儀礼/聖なる島/住居/禁断のもの/シャーマン/言葉
  • ・現代に息づくアニミズム
    現代/感じる/読む/聴く/観る/癒やす/ロボットにも心は宿るか?/未来

そのほかの記事

  • 3つの神秘の島へ/3つの神の島をつなぐ点と線/ハワイ・バリ・隠岐の成り立ち/神様図鑑/聖地ガイド/フラこそ、すべて/ニイハウ島 もうひとつの神の島/島に伝わる隠岐神楽 人はなぜ祭りで踊るのか?/みんなのバリ etc.

特別付録

  • 別冊付録「隠岐・出雲トラベルガイド」
  • BOOK in BOOK「ALOHA JOURNEY BOOK」
  • BOOK in BOOK「異邦人として旅するニッポン」

人物

  • 池澤夏樹
  • 常盤貴子
  • 戌井昭人
  • 石野卓球
  • 秀島史香
  • 桃生亜希子
  • 山登伸介