TRANSIT /  Magazine  / here
transit-cover.jpg

TRANSIT36号 カリフォルニア もうひとつのアメリカへ

発売日:2017年6月16日

超大国アメリカの西の端、カリフォルニア州。ハリウッド映画、サーフカルチャーにiPhone、オーガニックフードやサードウェーブコーヒーなど、日本や世界に広がったアメリカ的カルチャーの発信地である一方、アメリカ社会全体として見てみると、ちょっと異端!? 移民が多いリベラルな州であり、トランプ政権の「アメリカ」とは異なる思想や価値観をもつ場所でもあります。今回TRANSITはそんな「もうひとつのアメリカ」の実像を捉える旅に出ました。



旅の始まりは海岸トリップから。海沿いの国道を駆け抜けて多様な西海岸の風景を切り取り、つづいて、デスバレーやジョシュアツリー国立公園といった砂漠でキャンプ。キャンパーの聖地・ヨセミテではクライマーに密着取材します。サンフランシスコやバークレーなどの都市ではサステナブルな暮らしに迫り、ロードトリップでは道路に点在するモーテルの宿泊者に行き先を尋ねます。カリフォルニアのインディアンにルーツをもつ画家が自らのルーツをたどり故郷としてのカリフォルニアを訪ねる旅にも同行。豊かな自然と都市ごとに異なる確固たるカルチャー、そのどちらも切り取ります。



カリフォルニアの社会を知るための読み物も充実しています。「もしもカリフォルニアという国があったなら」では経済、都市計画、人種、教育、エンターテイメント、社会問題......などカリフォルニアの基礎知識をテーマ別に解説。州のGDPだけで世界6位の規模を持つカリフォルニアの、そのスゴさを大解剖!「反逆のカリフォルニア」ではカリフォルニアが世界に先駆けて発信・実践してきたムーブメントに注目。オーガニック、LGBTQ、グラフィティなど、カリフォルニアだからこそ生まれたカルチャーを成り立ちまでさかのぼってお届けします。



特別付録は「カリフォルニア・キャンプ案内」。自然豊かで国立公園も多く、キャンブの聖地とも言えるカリフォルニア。厳選キャンプサイトやその予約方法、揃えたい道具、注意すべき禁止事項など、初心者でもこれだけでキャンプができちゃう一冊です。ほか、綴じ込み冊子で「初夏の奈良旅ブック」、投げ込み冊子には「滋賀区ガイド」もついた豪華3本立て!



常に新しく、世界を牽引し続けてきたカリフォルニアがいま見る地平はどこなのか? そしてどこへ向かうのか? この一冊にぎゅっと詰め込みました。2017年のカリフォルニア、すべて見せます!


002.jpg 003.jpg 004.jpg 004.jpg 006.jpg 007.jpg 008.jpg 009.jpg

特集記事

  • カリフォルニアの海岸/サンディエゴ、サンタクルーズ、サンタモニカ 他
    【泊 昭雄=写真・文】
  • 砂漠の夜を越えて/デスバレー国立公園、モハビ国立自然保護区、ジョシュアツリー国立公園 他
    【高橋ヨーコ=写真・文】
  • 現代インディアンの肖像/サンフランシスコ 他
    【黄瀬麻以=写真 リーバイ・パタ=文・絵】
  • ヨセミテに生きる/ヨセミテ国立公園
    【渋谷ゆり=写真・文】
  • 幸せのかたちを探して/インヴァネス、ソノマ、バークレイ 他
    【渋谷ゆり=写真 河邉未央=文】
  • 大麻へ捧げる狂詩曲/カリフォルニア州・ワシントン州 他
    【NUMA=写真・文】
  • モーテル・ダイアリーズ/カリフォルニア州・アリゾナ州・ニューメキシコ州・ユタ州
    【柏田テツヲ=写真・文】
  • 人工の極みから自然の懐まで/ネバダ州・アリゾナ州/ラスベガス、グランドキャニオン国立公園 他
    【飯坂 大=写真、櫻井 卓=文】

第二特集

  • もしもカリフォルニアという国があったなら
    基礎知識/都市計画/人種/経済/教育/エンタメ/社会問題/未来
  • 反逆のカリフォルニア
    オーガニック/IT/LGBTQ/グラフィティ/大麻

そのほかの記事

  • カリフォルニアの歴史
  • 写真家集団「f /64」のこと
  • ビートのすべてはこの街から始まった
  • カリフォルニアから宇宙を目指せ 他

特別付録

  • カリフォルニア・キャンプ案内
  • 初夏の奈良旅BOOK
  • 東京「滋賀区」ガイド

人物

  • 山口未花子
  • 南後由和
  • 岡尾美代子
  • 窪 美澄
  • トミー・ゲレロ