TRANSIT /  Travelog  / TRANSIT15 / TURKEY  / here

エソテリック☆ターキー

Travelog | 2011.12.24
トルコと言えば、カッパドキアにパムッカレ。あんな不思議な光景、世界中どこを探したってないでしょ・・・。いやちょっと待ってくれ。私は見たのだ。トルコの大地とその周辺に散らばる、さらに奇妙な光景を。

最初に訪れたデニズリ。UFO博物館を探しに来たが、あいにく昨年潰れて今は自動車ディーラーになっていた・・・。ついでに訪れたパムッカレは凄い数の観光客だった。

次なるUFO博物館を探して訪れたカッパドキア。が!ここも潰れてレストランになっていた・・・。通りがかったウチヒサルで一枚。

せっかくなのでカイマクルの地下都市に。団体客を避けて入ったら見事に中で迷い、二周するはめに。

時間もなかったので気球はパス。いつかまた乗りに行きたいです。

トルコと言えば猫。有名なのはオッドアイ(左右で目の色が違う)で知られるワンネコだが、こちらはただの雑種の飼い猫。ほとんど放し飼いでガッチリとたくましく、落ち着いたのが多かった。

カッパドキアから北に4時間ほどに位置するハットゥシャ。かつて最強を誇った鉄器文明のヒッタイトの都市だが、現在はほただの広大な草原で、小さな遺跡が点在するのみ。

トルコ南東部のシャンルウルファ。1万年前から続く、世界最古の町のひとつとも言われる。ここが預言者アブラハムの生まれた地という説もあり、巡礼者が絶えない。

アブラハムの生まれた洞窟。中には小さな泉が湧いている。

洞窟の外にある聖なる魚の池(バルクル・ギョル)。アブラハムが火の中に投げ入れられた時、神がその火を水に変えたのが起源だと言われる。

洞窟の周辺はトルコ人観光客で賑わっていた。近年、アナトリア開発計画の成功によって、シャンルウルファは観光都市としても人気がでているらしい。

修学旅行中の高校生たち。日本人はモテモテで、どこに行っても一緒に写真を撮ってくれとせがまれた。

美しい民族衣装を着た女の子。同年代の女の子グループには西欧型のモダンな服とトラディショナルな服を着た子が混じっていた。