TRANSIT /  Travelog  / TRANSIT 02 / Ecuador  / here

アンデスに抱かれた赤道の国

Travelog | 2009.03.31

シュアルの人々が伝統的に身につけているアクセサリー。こちらは木の実を使って作られた腰飾りとブレスレット。

こちらは鳥の羽と木の実をあしらったピアス

動物市を覗くと、豚もリャマも同等に売買されていて面白い。

動物市すぐ横では調理した状態でも買えます。

織物はエクアドルの特産品。絵柄を見ているだけで楽しい。動物や、自然をモチーフにしている物が多い様。

山高帽子はインディヘナの人々のおしゃれに欠かせないアイテム。女性も男性も買うときは真剣。奇麗な鳥の羽をリボンに飾ってかぶっている。

エスメラルダスのビーチの週末は他の州から遊びにくる人々でにぎわっている。ビーチは特別ではないが、人々のはしゃぐのを見ているのが面白い。

今回の旅での一番のご馳走だった魚介類のグリルはエズメラルダス州、アタカメスのレストランで頂いた。山のエリアにいると海の魚を食べようともおもえない。

ガラパゴズの魅力は珍しい動物だけでなく、ダイナミックな自然。火山口へのハイキングの途中で見た樹齢600年程のサボテン。

火山口は何と端から端まで11キロもあるという。見渡す限り黒い平らな世界。

イグアナには日本で猫に出会うのと同じ様な頻度であえる。堂々とした姿が美しいし、いつ見ても嬉しくなる。