TRANSIT /  Travelog  / TRANSIT 04 / Hawaii  / here

今日もまた、ハワイは生まれてる

Travelog | 2009.05.11
今も成長を続けているハワイ諸島最大の島「ハワイ島」。 常夏の島で出会ったのは、蒼い海と純白の山、そして島の鼓動だった。

取材中泊まってたヒロシーサイドホテルの目の前のラグーン。淡水と海水が混じりあうこの場所。水はなぜかメチャメチャ冷たい。

ちょっと写真でここのすごさを表現できないのが残念だけど、とにかく原始林のこの木々の大きさがすごい。一応、写真に写ってる乗用車と比較してもらいたい。

いざ上空へ。1983年から噴火し続けてる活火山キラウエアの上空は硫黄臭い。そして、この高さでも溶岩の熱を感じることができる。

溶岩が海に落ち強烈な蒸気を生み出す。この辺りは陸から近づくことは禁じられてるが徒歩で責める人は多い。しかし、去年も6人が溶岩に巻き込まれ亡くなったらしい。

大噴火でこの地域の殆どの住宅はマグマに飲み込まれ人々はみんな生活を別の場所に移した。しかし、一人で今だにここで生活してる頑固者の家の様子。町までの移動はヘリのみ。

上空からしか見れないこの滝達の様子。

ここはどこ?ハワイ?っていうか地球?答えはマウナケアの頂上に向かう途中の景色。

頂上付近は舗装されてるが、途中は四駆でないと危険なオフロード。夕日は見事ですな。

日が沈んだあとのマウナケア頂上付近。やっぱり地球上の景色っぽくないな。

プナで無農薬農園を営んでるヒュイット氏が園内に手作りで建てたパパイヤハウス。ここはレトリート型宿。長期ステーも可能。

ヒュイット氏が住んでる家も手作り。遊び心満載。

なぜか農園敷地内にスクールバスが捨てられている。こういうのがアメリカっぽいな。

この人が経営者のヒュイット氏。見た目とは大違いの最高にナイスガイ。