TRANSIT /  Travelog  / TRANSIT 04 / Hawaii  / here

楽園のイブはここにいる

Travelog | 2009.06.02

09.jpg

その日に獲れた魚を売って生活する漁師たちの子供。僕らが知っている観光地としてのハワイとは全く異なる世界。

10.jpg

ハワイ号の表紙にもなったハウオリちゃん(真ん中)とその友達。アメリカ本土よりもハワイが好きという。ちなみに1日前に飼い始めたという子犬(右)の名前はオバマちゃん。

11.jpg

HA BOYとその家族。もし彼が自分の家族を紹介してくれなかったら、ハワイ号のTRANSIT表紙は撮れませんでした!写真の神様の存在を感じた出会いでした。

12.jpg

マウイ島の島全体を守る消防士達。山火事から荒波まで、自然という生き物に立ち向かう彼らは、島中の人から尊敬を集めている。

13.jpg

ここはチベット?と思いきや、トロピカルな木々に囲まれた密教寺。70年代にアメリカ本土から来たヒッピー達を中心に信者が毎日集まっていた。

14.jpg

ハイクの町の小学校にて。一人一人インタビューをしたのだけれど、雑誌では紹介できず残念。様々な人種とのミックスされた子供達の顔が印象的だった。マウイの多様な「ローカル」を小学校にて垣間見た。

15.jpg

20年以上も前、ウィンドサーフィンをやりたくてマウイ島に移り住んだという日本人サーファーの小笠原さん。(左)スピードが速すぎてカメラが追いつきませんでした、失礼!笑

16.jpg

ハレアカラ火山の頂上への途中には、こんな宇宙的な風景が広がる。山のふもとまで霧が落ちていたのだが、いったん霧の層を登りきると雲の上をドライブしている気分に。

17.jpg

アメリカのドラマ「LOST」を思わせる不思議な光景。丘の上にある十字架が意味深だった。