TRANSIT /  Travelog  / TRANSIT 05 / Nepal  / here

ふたりの男、ヒマラヤを歩く

Travelog | 2009.06.25
子どもの頃から憧れてきた「ヒマラヤ」。親友とふたりで訪れ、ふたり別々の頂を目指した。世界一美しい谷の一つ「ランタン谷」を歩いた23日間の道程。
002.jpg

難所ガンジャラ峠越えをガイドしてくれたピンズーさん。登山隊のポーターをしながら登山技術を習得。谷一番のアルピニストに。

001.jpg

ランタン渓谷を遡り5日。トレイルも消え失せると、人を寄せ付けぬ世界が広がる。チベットの国境は眼と鼻の先。

003.jpg

ランタン谷を訪れたら、ぜひ深部へのキャンプトレックに挑戦を。酸素は薄く、夜はとことん冷える。でも忘れ得ぬ、素晴らしい経験になるはずだ。

004.jpg

山でもカッコ良く、セクシーに。アウトドアスカート姿のイギリス人トレッカー。

005.jpg

9日目。ガイド、ポーター達と別れた。ガンジャラ峠越えを目指し、一丸となった仲間達。心から感謝!ここからは、ソロでの山旅。何があろうと、全ては自分の責任。気を引き締め、ゴサインクンドへのトレイルを進んだ。

006.jpg

標高4300mの高地に佇む聖地ゴサインクンド湖。周囲には煩悩の数と同じ108の湖があると言われている。

007.jpg

歩き続けて2週間。ダナーのマウンテンブーツも、まるで身体の一部のように馴染んだ。

008.jpg

ラウレビナ峠を越えると、氷河に削られた美しいU字谷が現れた。まるで下界へと降りてゆく様な気分。

009.jpg

巡礼者に踏み固められたトレイルは、熊野古道のような雰囲気。