TRANSIT /  Travelog  / TRANSIT 05 / Bhutan  / here

ブータン、天と地のはざまで

Travelog | 2009.06.12

transit-bhutan-sato-20.jpg

チミ・ラカンの宿坊にて。仏道を志す少年僧たちはみなとても礼儀正しい。

transit-bhutan-sato-7.jpg

ディスコで一番素敵だったカップル。彼氏は軍人、彼女はドゥルク・エアの客室乗務員だそうです。

transit-bhutan-sato-7.jpg

小学校にて。子供たちは民族衣装の制服を着ていてとてもかわいい。国語はゾンカ語だが、授業はほとんど英語で行われる。

transit-bhutan-sato-6.jpg

ホームステイした農家の居間。ブータンの家は三階建てが多く、一階は土間(昔は牛舎)、二階が住居、三階が物置、という作りが多い。

transit-bhutan-sato-5.jpg

ブータンの典型的な農家。日本とも中国とも違う、独特なスタイル。


transit-bhutan-sato-9.jpg

大学都市、カンルンにて。日傘を差していた。皆かわいいので、ついつい子供ばかり撮ってしまった。

transit-bhutan-sato-22.jpg

ブムタンにて。ものすごく眺めの良いサッカー場。

transit-bhutan-sato-23.jpg

ランジュンにて。ここに三日程宿泊した。高台の上にあって、ここも眺めがよい。芝生に寝ころんで家族と談笑するブータンのガイド。

transit-bhutan-sato-2.jpg

ブータンの国獣、ターキン。外見は獰猛そうだが、とてもおとなしい。牛とも、ヤクとも、羊とも違う、どこにも当てはまらないターキン属。ブータンらしい、不思議な生き物。

transit-bhutan-sato-18.jpg

ブータンへと飛ぶ、ドゥルク・エアの客室乗務員さん。民族衣装をアレンジした制服がとても美しい。雰囲気は日本人にも似ている。

transit-bhutan-sato-19.jpg

雷龍が描かれた、ドゥルク・エアの尾翼。こんなに複雑で、格好よい絵柄の国旗は、世界広しといえども、なかなかない。

transit-bhutan-sato-3.jpg

家の壁に描かれた、ポー。「聖なる狂人」ドゥクパ・キンレイと呼ばれる聖者が、ペニスで悪霊退治したことに由来し、あちこちの家々に大胆な図柄が描かれている。