TRANSIT /  Travelog  / TRANSIT 06 / Greece  / here

今日もギリシアは美しい(2)

Travelog | 2009.10.15
トルコ航空に乗って、イスタンブール経由でアテネへ。ギリシア北西部のメテオラからペロポネソス半島へと南下し、エーゲ海をホッピングしてトルコへと上陸。3週間をかけてギリシア全土を半周する、怒濤の一大オデッセイ(今回は旅の前半部分・後半部分はこちら)。
sato-travelog-000.jpg

アテネ、パルテノン神殿側の丘から。市街を見下ろす絶景はカップル達の憩いの場となっていた。

sato-travelog-001.jpg

帰国後、よく人に聞かれるのがメテオラの寺院の入り方。だいたいは裏手に階段がある。でも段数が多くて、灼熱の日光の中で上り下りするのは結構しんどい。

sato-travelog-002.jpg

絵画的な眺めのアギオス・ステファノス修道院。下に見える町が観光拠点となるカランバカ。

sato-travelog-003.jpg

カランバカ市内から見上げるメテオラ。町のすぐそこまで岩が迫る奇妙な光景。世界的な観光地にも関わらずアテネからカランバカまでのアクセスは決して良いとは言えず、たどり着くのにちょっと大変だった。

sato-travelog-004.jpg

デルフィ神殿の側にあるアテナの聖域と呼ばれる円柱。デルフィはとにかく灼熱を極めた。

sato-travelog-005.jpg

オリンピアのゼウス神殿。巨大な円柱がゴロゴロと転がっていた。

sato-travelog-006.jpg

オリンピアの町で日本語のタトゥーを彫りたいから「カタカナ」で俺の名前を書いてくれ、と少年達に話しかけられた。「日本が好きなのかい?」と聞くと「いや、誰も読めないから格好いいでしょ」。

sato-travelog-017.jpg

サントリーニ島で宿泊したロッジ。ハイシーズン、こんな可愛い部屋でも一泊30ユーロ。探せばあるものです。

sato-travelog-013.jpg

イオの町にある、「世界で最も美しい夕日」が見られる岬。落日の一時間以上前からものすごい人だかりが出来る。

sato-travelog-012.jpg

そして落日が始まるとどこからともなく拍手と喝采が。