TRANSIT /  Travelog  / TRANSIT 07 / Romania  / here

深く白くなっていく森で

Travelog | 2009.12.30
トランシルヴァニアの森を抜け、北のマラムレシュ地方やブゴヴィナ・モルドヴァ地方を中心に冬のルーマニアを縦断。世界遺産の街や建築物をめぐりながら、歴史と文化、人々のあたたかさに触れた。
091215_005.jpg

道中に出会ったルーマニアの人々。どこで出会った人も、陽気でひとなつこかった。

091215_001.jpg

ブカレスト最大の名所・国民の館は、チャウシェスク政権の遺産。中へ入れるツアーもあった。

091215_002.jpg

友人が花の市場を案内してくれた。真夜中まで開いていて、思い立ったら花を贈れる習慣がうらやましい。

091215_003b.jpg

カルパチア山脈の中腹・シナイアにあるペレス城。

091215_003a.jpg

内部は豪華絢爛。

091215_004.jpg

ペレス城の入り口脇にあるレストランでは、伝統的なルーマニア料理を食べた。

091215_006.jpg

ドラキュラで有名なブラン城も有名観光地のひとつ。ペレス城に比べて内部は素朴な風情がある。

091215_007a.jpg

ブカレストの北駅からゲルラー行きの列車に乗る。

091215_007b.jpg

コンパートメントではすでに旅のおともが窓側を占領していたけれど、カメラを構えた私に快く席を譲ってくれた。

091215_008.jpg

カルパチア山脈(トランシルヴァニアの森)を越えるときには、雪が積もっていた。

091215_009.jpg

ゲルラーから車で30分くらいの場所にあるシクは、ハンガリー人の暮らす村。

091215_010.jpg

日曜日、シクの教会で祈りを捧げる村人たち。

091215_011.jpg

シクで出会った家族。女性はスカーフをほっかむりにするのが典型的なスタイル。

091215_012.jpg

シゲッツ・マルマツィエの宿の子ども部屋。ここでしかインターネットが使えなかった。