TRANSIT /  Travelog  / TRANSIT 08 / Thailand  / here

とある休日の景色

Travelog | 2010.04.14
バンコクから南へ3時間とちょっと。ホアヒン周辺は、下世話なパタヤや沖縄のようなプーケットとは違う、ピースフルなマインドに支配された王室御用達の海。先進的なデザインホテルから情緒あふれるシャムの面影まで、王の瞑想した洞窟からマッサージ屋まで、タイ人の体温を探す旅へ。



001.jpg

高級リゾートともなれば当然、空港まで車で迎えにきます。結局のところドライバーは渋滞で遅刻していましたが。



002.jpg

空港を離れてすぐに、巨大な象のスタチューが姿を見せた。意味は不明。



003.jpg

バンコクから3時間半、タイのセレブ界隈で人気のホテル「ALILA CHA'AM」。エントランスが荘厳かつ開放的というイケイケな感じ。



004.jpg

ブルーがまぶしいプールとその向こうにはスパが。もちろんタイマッサも可能です。



005.jpg

朝のヨガ教室(もちろん無料)では、宿泊客がヒーヒー言いながらポージング。ヨガは世界的に流行している。



006.jpg

周囲には王が瞑想したという洞窟が寺院化され、ローカルの観光客に人気が高い。



007.jpg

洞窟内部の寺院。地上からの光が劇的に洞窟を照らす時間帯が最も美しいらしい。



008.jpg

シーカヤックで漁師の村を通りすぎる。マングローブ林に囲まれた美しいロケーションだった。



009.jpg

国立公園内の寺院。海も近いしここでキャンプができたら最高なのだが。



010.jpg

やはりチョッパーは男の夢です。日本製の部品ばかりを改造してチューニングしていた。



011.jpg

伊豆とか房総とか近場に出かけたような感じが旅の間ずっとしていた。一時代前の日本のような。