TRANSIT /  Travelog  / TRANSIT 11 / MEXICO  / here

メキシコの大地を駆け抜けて

Travelog | 2011.01.20

011.jpg

再出発した列車は、いつしか夕闇が迫る荒野を走っていた。その景色は影絵のよう。

012.jpg

チワワ太平洋鉄道の終着点であるロス・モチス。いい具合に風化したアメリカの西海岸的風景ともいうべき街並み。

013.jpg

ロス・モチス市民の台所である朝の市場は活気に溢れていた。お世辞にも衛生的とは言えないそんな場所で食したスープが、今回の旅で一番美味かった。

014.jpg

その朝市を視覚的に彩るのが、旬の野菜や熟れた果物たち。ロス・モチスではメキシコ庶民のリアリズムを見た気がした。

015.jpg

コルテス海をフェリーで渡った後、ジープを借りてバハ・カリフォルニアをひたすら北上。カラカラに乾燥した大地、林立する背の高いサボテン。そんな風景が延々と続く。

016.jpg

まだまだ荒野は終わらない。この後、目の前の卓状台地を駆け上がっていった。

017.jpg

日が暮れかけた頃、行く手に街灯りがかすかに見えた。私たちの最終目的地である。

018.jpg

そこは米国のサーファーの間で穴場として注目されているSJという村。弧を描いた海岸線の先端から美しい直線の波頭が伸びる。

019.jpg

警官が一人もいないSJは異邦人にとって楽園のようだが、メキシコ人が慎ましく生活している小さな漁村でもある。

020.jpg

そういえば、同じくサーフ・スポットであるトドス・サントスのビーチでは、なぜかグラビア撮影が行われていた。その様子はちょっと滑稽だったけれど、グラマラスなギャルにはやはり目が行くもので......。