TRANSIT /  Travelog  / TRANSIT12 / INDIA  / here

インド的宇宙のかけら

Travelog | 2011.03.20

008.jpg

マドゥライ旧市街のミーナークシー寺院にて。アシッドな天井画にクラクラしながら内回廊で佇んでいると、橙色のルンギーを巻いた僧侶が眼前を横切った。

009.jpg

マドゥライ新市街の幹線道路をインド国産車アンバサダーのタクシーで走行中、ふと窓の外を見ると、ムスリムのバイカーが並走していた。

010.jpg

ティルチラーパリのランガナータスワーミ寺院。見ているだけでトリップしそうなゴプラ(塔門)の下には、南インドの日常が渦巻いている。

011.jpg

インドにはヒンドゥー教だけではなく、キリスト教を信じる人たちもいる。タンジャヴールの教会は、牧師の説教に熱心に耳を傾ける信徒で埋めつくされていた。

012.jpg

マドゥライは選挙が近いようで、大通り沿いの壁には候補者たちの生々しい顔が描かれていた。みな腹が黒そうに見えるけど......。

013.jpg

マドゥライの街角にある映画館の昼下がり。崩壊しかけたシートに座るオヤジたちは、大音量で上映されるZ級のマサラ・ムービーを見ながらうつらうつらとしていた。

014.jpg

黄昏時のマドゥライ。薄明のなかで灯ったホテルのオレンジ色のネオンは、夜の訪れを告げる。こうして北から南まで駆けめぐった約2週間の旅は幕を閉じた。