TRANSIT /  Travelog  / TRANSIT12 / INDIA  / here

南インド:夢みるように旅して 【前編】

Travelog | 2011.04.16

寺院の夕方6時の開門を待つ人々。女性と男性が並ぶ列は別れていた。参拝のときの正装なのか、黒の衣装に身を包んだ男性が多かった。寺院内は裸足が原則。

宿泊していたホテルの屋上から、マドゥライの街を見下ろすと高くそびえるゴプラムが眺望できる。ミーナークシー寺院を中心に街が発展していることがよくわかる。


寝台列車でマドゥライからコーラム(クイロン)へ。朝方トリヴァンドラム周辺ですれ違った列車。庶民の足となる列車はリーズナブルで、どのクラスも満員。


コーラムから観光船でバックウォーター(水郷地帯)を北上、アレッピーを目指す。毎日1便運航する所要約8時間の1日コースは、コーラムを10時半に発った。


絵に描いたような、南国の子どもたちの宿題風景。船上からの風景は刻一刻と変化。ケーララの教育水準は高く失業率の低い州としても知られる、豊かな土地。

日本ではもはや運動会の競技として知られる車輪転がし。古代ギリシアの時代から存在した遊びが、ケーララ州で行われていたことに感激。長閑という言葉がぴったり。


洗濯をする女性、食糧となる魚を捕まえる男性、渡し船で通学している子どもたちを見かけた。バックウォーターは重要なライフライン。エコな生活とはこのこと!


ケーララとは地元のマラヤラム語で"ヤシの国"という意味。バックウォータークルーズでは、インドの南国を象徴するような自然あふれる風景にであえる。


コーチンのとあるヒンドゥー教寺院では、当日開催されるイベントの演習をしていた。招福の神ガネーシャに象徴される象は、インドでは聖なる動物だ。


道路沿いでよく見かけるのは、ココナツジュース屋さん。自動販売機でコーヒーを買うような感覚で、インドの人はよく利用している。水分補給は大切ですからね。


コーチンからニルギリ丘陵の街ウーティへ向かう途中、タミル・ナドゥ州の小さな村に立ち寄った。このあたりでは南インドの土着の神、ムルガンが祀られていた。


なんだかシュールな、トラック荷台の象。これからどこへ運ばれていくのだろう。観光客の呼び込みだけでなく、木の伐採や運搬用に、象は労働力として活躍していた。


麓の町メットゥパーラヤムと、標高約2200mの山の町ウーティとを結ぶニルギリ山岳鉄道。世界遺産に認定されている。緑豊かなニルギリ丘陵をゆっくりとすすむ。


ニルギリ丘陵のカレティ地区。灼熱のインドにあっては冷涼な高原地帯なので、紅茶をはじめとする作物を育てている。ちなみにニルギリは現地の言葉で"青い山"。

カレティ地区でであった、おばあちゃんと孫。高地なだけに(前夜の気温は7度)人々の服装はアンデスやヒマラヤの民を彷彿とさせる。それでも女性はやはりサリー。