谷口京×鵜木憲之『Dialogue』@BOOK246

NEWS | 2011.05.12

TRANSITでもおなじみの写真家・谷口京さんと彫刻家の鵜木憲之さんによる
展示『Dialogue』が岐阜から東京にある旅の本屋BOOK246へやってきた。

110512_001.jpg

印画紙の替わりに越前和紙を使用した写真と、古民家の廃材を再生させて
組まれたフレームからなりたつ作品。写真家と彫刻家によるコラボレーションという
枠を超えて、古きものに新しい息吹をもたらし、今、目の前にある。

110512_002.jpg

谷口氏のライフワークであるマウンテンクライミングの写真も飾られている。
人を容易には近づけないヒマラヤの山々と吸い込まれそうなほどの青い空。

110512_003.jpg

鵜木氏の彫刻作品も展示されている。無垢の木が持つぬくもりと、
手作業によって掘られた表面のやさしく、なだらかな凹凸。
実際に見てみると、その質感がよく伝わってくる。

展示は5/22(日)まで。岐阜から東京へと巡回してきたこの展示。
お近くにお越しの際は足を運んでみて。詳しくはBOOK246のWEBをチェック。


『Dialogue - そのあとで』
期間:〜5/22(日)
場所:BOOK246
住所:東京都港区南青山1-2-6Lattice aoyama 1F
営業時間:月~金/11:00~23:00 土・日・祝/11:00~21:00
te:03-5771-6899


*谷口京/写真家
1974年京都生れ。日本大学芸術学部写真学科を卒業後、
ニューヨークを拠点に雑誌 広告 CDジャケット等の仕事をしながら世界各地を旅し、
2003年に帰国。写真家としての活動のほか、自然保護やアフガニスタン復興支援など
社会的な活動にも積極的に参加している。

*鵜木憲之/彫刻家
1971年名古屋市生まれ
名古屋大学工学部中退後、岐阜県郡上市に移住。
明宝の里山で米や野菜を自給しつつ、同じく彫刻家の妻と二人の子育て中。
2009年第一回明宝木彫シンポジウムを主催。
ドイツ、カナダでの展覧会に招聘されるなど、海外での評価も高い。

お詫びと訂正