トーク&ライブショー@cocoti終了!
幻想的な夜の宴

EVENTS | 2011.09.27

9/25(日)、cocotiビルにて開催されたトーク&ライブショー
お越しいただいた方、USTREAMで見てくださった方、ありがとうございました!
先着70名という限定イベントだったので、お越しいただけなかった方のためにも
当日の様子をお伝えします。

110926_001.jpg

心配していた天気は快晴。澄みきった空が藍色に染まる頃、イベントははじまりました。
会場となった347cafeのプールサイドテラスは、夜が深まるとますます幻想的な空間に。

110926_009.jpg

小島ケイタニーラブさんによる弾き語り。自身も旅好きだという彼は、最新号の館内誌
ちなんだモロッコの夜景をテーマにした詩も詠んでくださいました。

110926_003.jpg

そして鏡リュウジさんによる、「月と女性の関係を表した古代の妊婦像」のお話から
はじまったトークショー。古代人からの静かなメッセージをくみとるようなお話に、
会場はすっかりひきこまれてしまった様子。
また、佐藤健寿さんは、月とも関係の深いギリシアやイタリアの旅のエピソードを。
風変わりなアルテミス像の写真には、会場から驚きの声もあがりました。

110926_006.jpg

トークは次第にヒートアップし、鏡さんゆかりの国・イギリスでの魔法学校の話や、
最後はなぜか心霊写真の発祥ストーリーへと意外な方向へ......。
ディープな展開に、ますます知的好奇心がくすぐられた方も多かったかと思います。

110926_010.jpg

そして、透明感のある個性的な声でフィナーレをかざってくれたのは、平賀さち枝さん。
都会に漂うなつかしさを見つけたような歌詞が、とても印象的でした。

110926_008.jpg

会場では鏡さんの新著の先行発売や、佐藤健寿さんによる写真集の特別価格での販売も。

110926_002.jpg

台風が過ぎ彼岸を迎え、当日は少し肌寒かったものの、
お店の方が用意してくださったブランケットにも心あたたまりました。
秋の夜にぴったりの、いろいろな意味で思い出深い宴となりました。

なお、イベントは終了しましたが、館内誌はcocotiビルでにて引き続き配布中。
お越しの際はぜひ手に取ってみてください。

お詫びと訂正