ラルチザン パフュームで、毎日に旅の香りを

Info | 2012.09.24

旅先での香りが記憶に残り、日常生活でふと同じような匂いに触れた瞬間、
その土地の情景がフラッシュバックする...... そんな経験はありませんか?

フランスはパリ、1976年創業の香水ブランド「ラルチザン パフューム」。
本物志向で徹底した品質管理、ブランド価値を大切に守るニッチフレグランスメゾンです。
香りの化学者とも言われる創業者ジャン・ラポルト氏や、
現代における香りの巨匠と言われるベルトラン・ドゥショフール氏など、
個性豊かな調香師たちが思い描く世界を表現した香りが特徴の、
アバンギャルドなブランドです。

約30種類もある香水のなかで、「VOYAGE (旅)」をテーマにした
ラインがあると聞いて、お店にお邪魔してきました。

120924_001.jpg
出迎えてくれたのは、香りの世界旅行へのパスポートと搭乗券。しかも「TRANSIT 」のロゴつきで感激!

世界の秘境や、旅への渇望にインスパイアされて誕生したという
「LES VOYAGES EXOTIQUES(エキゾティック ヴォヤージュ)」コレクション。
たとえばこんな国々を目的地に、旅が進みます。

西アフリカ、マリ共和国の「TIMBUKTU(タンブクトゥ)」。
マリ共和国の女性たちが、男性を引き寄せるためにまとっている媚薬と言われる香料から、インスピレーションを受けたものだとか。
まるでアフリカの乾いた大地を踏みしめた足の裏から鼓動が入ってくるような、
生命力やたくましい「母性」を感じる香りです。

ブラジル、リオデジャネイロの「BATUCADA(バチュカーダ)」。
バチュカーダとはサンバの演奏スタイルの一種で、
香りにはリオのエネルギーとリズムがつまっています。
イパネマビーチを歩くブラジリアンの肌から香る日焼け止めや、
サンバダンサーの汗と肌の香りを、官能的かつ肉感的に奥の深い
シトラスフレイバーで表現し、自由と解放を感じさせてくれます。

120924_002.jpg

TRANSIT最新号のチベット特集にも登場する、
ブータンにインスピレーションを受けた「DZONGKA(ゾンカ)」。
公用語であるゾンカ語が由来です。標高の高いところにいるような、
冷やっとした空気を感じる香りは、調香師がブータンの崖にある寺院を訪れて、
石材の香りにはっとしたからだとか。

このほかにもキューバやイスタンブールなど、香りをワンプッシュするごとに、
その国でのドラマチックな出来事が繰り広げられるのでした。

120924_003.jpg
ラルチザン パフュームPRの青木さん。滑らかな語り口で、香りの世界旅行をアテンドしてくださいました。

9月26日に全国発売となる最新作は、「旅」ではなく、「物語」から
インスピレーションを得て作られた「Séville à l'aube(セヴィリアの夜明け)」。

スペインのセヴィリアが舞台ではありますが、調香師はあえて旅に出ず、
女性作家から聞いた恋愛物語のインスピレーションだけで
その世界を描いたという香りです。
「聖週間」という祝祭の時期にセヴィリアの街で満開になるオレンジの花をベースに
物語の世界が表現され、愛の始まりへの期待感やときめきに胸が高まります。

120924_004.jpg
「セヴィリアの夜明け」の主人公である女性作家が、どんな風にこの香水が作られたかを綴った『THE PERFUME LOVER』も出版されました(イギリス、フランスのみ)。

"身につけるもの"として考えたこともなかった「旅」の香水。
それはとても独創的で、誰に対してもアピールするのではなく、
ひとつでも誰かの思い出に語りかけられればいいという、ブランドの潔い哲学があります。

ラルチザン パフュームには、このエキゾティックヴォヤージュ コレクションだけでなく、
「ちょうちょをつかまえて」「ひと夏の夕暮れ」「いじわるオオカミ」などなど、
ユニークなネーミングの商品も数多くそろっています。

PRの青木さんいわく、「好みではない香りがあってもいいのです。
そのためにこれだけの種類をご用意しているのですから。
ラルチザン パフュームでは、大衆向けに作られた香りはありません。
けれど、必ず自分に合う香りが見つかるはず。
自分が主人公であると感じる香りを探していただきたいですね」。

香水選びは色鉛筆の箱のようなもの。
今日はピンク色で何を描こう、今日はこういう日にしたいから何色にしようと、
イメージを香りによって自由に描くことができるのです。

自分の人生をどんな色にしたいか、そんな自分のための香り選びがしたくなりました。
香りで旅する毎日や、香りで自分にパワーを与える毎日。

香りのワードローブがあればあるほど、人生が豊かになる気がしませんか。

120924_005.jpg
店内の鏡に、調香師ベルトラン・ドゥショフール氏からの直筆メッセージ。
"香水は人生における情熱でなければならない。香りが消え褪せることは決してない。"

他人と同じはイヤ、上質でエッジのきいた香りをお探しの方に、
オススメのフレグランスメゾンです。

120924_006.jpg

ラルチザン パフューム 表参道本店

場所:東京都港区北青山3−6−26 第5 SIビル1F
tel:03−6419−9373

お詫びと訂正