古くて新しい音の世界 津軽三味線・上妻宏光が紡ぐ民謡の宴

NEWS | 2014.04.11

今や日本を代表する津軽三味線奏者・上妻宏光をご存知だろうか。

日本の伝統楽器と多様な音楽ジャンルとを結びつけ、
音楽界の新しい可能性を切り拓いてきた彼が力を注ぐ
<民謡アーカイブ>プロジェクトの第二弾が、この夏開催される。

140412_001.jpg

"後世に歌い継がれていくように、日本の古典民謡を体系的にアーカイブしていきたい"

上妻氏のそんな思いに日本ロレックスが共感し
実現の運びとなったこのコンサート。
第一弾の「越中おわら節」に続き、今回は琉球民謡をテーマに据える。

140112_002.jpg
140412_003.jpg

上妻氏と共にステージに上るのは、
沖縄県無形文化財保持者であり、八重山民謡の第一人者でもある大工哲弘氏と、
Jポップシンガーとしても活躍する唄者・上間綾乃氏。

北の津軽三味線と、南の沖縄三線。
伝統を忠実に披露し続けてきた異なる音色が響き合い、調和し、ホール全体を震わせる時、そこには新たな音楽世界が創造されることだろう。

聴き手を深く豊かな「音の旅」へと導く一夜限りの民謡の宴、
忘れられないひとときを、是非。


【公演名】日本ロレックスpresents「上妻宏光 民謡アーカイブ『琉球 海の祭』」
【公演日】2014年6月11日(水)
【時間】18:30(開場)/19:00(開演)
【会場】浜離宮朝日ホール
【料金】全席指定 5,400円(税込)
【出演】
 上妻宏光(津軽三味線)・伊賀拓郎(ピアノ)・はたけやま裕(パーカッション)
 ゲスト:大工哲弘(沖縄・八重山民謡唄者)・上間綾乃(唄者)
【お問い合わせ】
 キョードー東京 0570-550-799(平日11:00~18:00/土日祝10:00~18:00)

お詫びと訂正