元気になる旅のレシピ
ターメリックとナッツのカレーライス
青山有紀さん

COLUMN | 2020.05.01

スパイスたっぷりのカレーを食べて身も心も元気になろうということで、「TRANSIT35 南インド・スリランカ スパイス香る楽園へ」より、薬膳料理家・青山有紀さんのレシピをご紹介します。

薬膳の理念を基に、体が元気になる料理を教えてくれる青山有紀さん。そんな青山さんですが、ある究極に疲れ果てた夜中に、思い立って3日間のスリランカへの旅を予約したことがあったそう。そのときに食べたカレーを再現してくれました。
「宿泊したアーユルヴェーダの施設では貧血と診断されて、ほぼ毎日ビーツのカレーを食べていました(笑)」薬膳でも、赤いものは血になる力があるのだそう。そのカレーでしっかり効いていたスパイスがターメリック。消化力を助けてくれる効果があって、弱った体にもよいといいます。「残った野菜をまとめてスープにするときや、ピラフ、カレーに添える甘酢サラダにはもちろん、ドリンクにもよく使うスパイスで、本当に場万能。血を巡らせてくれて、肝臓にもいい。でも生の場合は、1日に規定量以上飲むと毒に変わるといわれているよう。物事には陰陽両方の面があるから、自分の体にとってのバランスを考えて取り入れるのが一番の食養生なんですよね」カレーに合わせて、カシューナッツを入れてホクホクに炊き上げたターメリックライスも美味です。おうちにある食材でアレンジしてつくってみてくださいね。

ao_0427a.png
©Mai Kise

★ターメリックとビーツのカレー(2人分)
ビーツ .......................... 200g
紫タマネギ ...................1/4 個 (普通のタマネギも可)
ニンニク ...................... 小1 片
ココナッツオイル .........小さじ2 (オリーブなど他のオイルも可)
クミンシード ................小さじ1/2
水 ..................................100mℓ

A
・ココナッツミルク ...............200mℓ
・ターメリックパウダー........ 小さじ2
・カレーパウダー ................. 小さじ1
・チリパウダー ......................小さじ1/4
・鷹の爪 ................................ 1本
・カレーリーフ ......................10 枚ほど
・塩 ......................................小さじ1 ~(味見をして足す )
・黒コショウ ..........................適量

作り方
①ビーツは皮をむいて太めの千切りに。紫タマネギはスライスし、ニンニクはみじん切りにする
②鍋にココナッツオイルとニンニクを入れてから弱火にかけ、いい香りがしてきたらクミンシードを加える。軽く炒め、紫タマネギを加えてさらに炒める。少ししんなりしたらビーツ、水とAを加えて汁気が少なくなるまでグツグツ煮込む
③ビーツが柔らかくなったら味見をして好みで塩やチリパウダーを足して味を調える


★ナッツのターメリックライス(2人分)
バスマティライス ............. 200 mℓ
カシューナッツ ................ 10g
ターメリックパウダー....... 小さじ1/2
塩 ......................................少々
ギー.................................. 小さじ1 (バターも可)

作り方
①ライスは軽く洗い、炊飯器に入れて1合の目盛りより少し多めに水を入れる。(米の種類によるので袋の説明に従って)
② 粗めに刻んだナッツ、ターメリック、塩、ギーを入れて混ぜて炊く

★リンゴと紫タマネギのレモン和え(2人分)
紫タマネギ ................1/4個
リンゴ.........................1/4個
レモン汁 ................... 1/4 個分
黒コショウ ..................適量

作り方
①紫タマネギは5mm角に切って水にさらし、しっかり水気を切る。リンゴは洗って7 mm 角に切る
② ①をボウルに入れ、レモン汁と黒コショウを混ぜる

ao_spice.png
©Miho Yamazaki


青山有紀(あおやま・ゆき)●薬膳料理家。東京・中目黒〈青家〉&〈青家のとなり〉のオーナーシェフをつとめ、2018年に東京のお店を閉めて地元の京都に戻り、2020年にアトリエ〈aoya kyoto〉を開く。近著に『女性のための養生ごはん ~食べて元 気になる韓方の知恵~』など。Instagramはこちら
TRANSIT35号「南インド・スリランカ スパイス香る楽園へ」は好評のため、現在は売り切れ中ですが、今後デジタル版になる可能性も......! そのほかのバックナンバーや定期購読は以下よりご注文が可能です。

オンライン書店fujisan

special thanks=Tomoko Ogawa

お詫びと訂正