最新号「美しき古代文明への旅」
発売記念イベントを
全3回開催!

EVENTS | 2020.06.22

200622_1fb.jpg

6/26(金)は、TRANSIT48号古代文明特集の発売日。TRANSITではこれまで発売日の前後には書店などでトークイベントを開催してきました。編集部がある東京での開催が多く、他の地域の方が参加できる機会が少ないことが編集部でも以前から悩みの種でした。そこで今回は発売日を皮切りに、今号に関わってくれた方々を招いてオンラインイベントを3回開催します!

配信方法:Zoomと編集部Twitter(@transitmag)でのライブ配信
参加:無料
※イベント前に編集部SNS(Twitter/Instagram/Facebook)でZoomのリンクを公開します。
※TRANSIT48号を読んでいただくと、イベントが2倍、3倍楽しめます!

【vol.1】★発売日
6月26日(金)20:00〜21:00
「古代文明って、おもしろい!」

▼Zoomのリンク公開しました!
時間になりましたら、下記よりアクセスしてください。
https://us02web.zoom.us/j/86961453469

写真家 佐藤健寿 × 林 紗代香(編集長)

200622_2.png
▲最新号の特集企画「世界不思議5W1H with 佐藤健寿」より

第1回にお招きするのは、世界に散らばる不思議なもの・ことを追いかけて、各地を旅してきた佐藤健寿さん。最新号でも、オーパーツや謎多き遺跡や遺物など、世界各地から15の不思議をナビゲートしてもらっています。モアイ像で有名なイースター島のように、古代文明が栄えた地にも足を運んでいる佐藤さん。実際に文明ゆかりの地を訪ねた旅の記憶を語ってもらったり、文明を描いたおすすめのSF映画や本を紹介してもらったりと、古代文明の魅力を独自の視点でお話しいただきます。

佐藤健寿(さとう・けんじ)●写真集『奇界遺産』『奇界遺産2』が異例のベストセラーに。著書に『世界の廃墟』『THE WONDER MAP 世界不思議地図』など。テレビ・ラジオ・雑誌への出演多数。kikai.org

【vol.2】
7月4日(土)18:00〜19:00
「幸福ってなんだ?」

僧侶 松山大耕 × 神学者 小原克博

司会 福田香波(編集部員)

▼Zoomのリンク公開しました!
時間になりましたら、下記よりアクセスしてください。
https://us02web.zoom.us/j/84661647163


200622_3.png
▲最新号の特集企画「フォー・セインツの哲学」より

第2回では、ゲストを2人お呼びします。文明特集内の「賢者たちの幸福論」にお話を寄せてくれた、グローバルに活躍する禅寺の僧侶・松山大耕さん。そして「なぜ人びとは終末を信じるのか」をテーマに寄稿してくれた神学者の小原克博さん。仏教とキリスト教、それぞれ異なる宗教を担うお2人に、宗教から離れがちな現代人のわれわれが目指す幸福について語ってもらいます。また数々の文明が直面してきたように世界は終わるのかなど、それぞれの宗教から考える終末観についても教えてもらいます。

松山大耕(まつやま・だいこう)● 1978年京都府生まれ。臨済宗妙心寺退蔵院副住職。東京大学大学院農学生命科学研究科修了。バチカンでの前教皇謁見、ダボス会議出席など、グローバルに活動を行う。

小原克博(こはら・かつひろ)●同志社大学 神学部教授、良心学研究センター長。専門はキリスト教思想、宗教倫理、一神教研究。著書に『ビジネス教養として知っておきたい世界を読み解く「宗教」入門』など。

【vol.3】
7月12日(日)19:00〜20:00
「古代人に相談だ!」

『縄文ZINE』編集長 望月昭秀 × 文筆家 吉川浩満

司会 津賀真希(副編集長)

▼Zoomのリンク公開しました!
時間になりましたら、下記よりアクセスしてください。
https://us02web.zoom.us/j/84650588090

200622_4.png
▲最新号の特集企画「フォー・セインツの哲学」より

第3回は、参加型のゆるりとした会です。仕事、恋愛、友だち、SNS、コロナ......などなど。現代人のあらゆる悩みを、1万年前を生きた縄文人や古代の賢者の思考回路で考えたらどうなるか? 今号の制作に関わった、縄文ZINE編集長の望月昭秀さん、古代ギリシア・ローマ哲学者に関する著書をもつ文筆家の吉川浩満さんをゲストに迎えて、オンラインお悩み相談室をオープン。ぜひ古代人に質問&悩み相談してみてください。編集部公式メールでもお悩み受付中→info@transit.ne.jp

望月昭秀(もちづき・あきひで)●フリーペーパー『縄文ZINE』編集長。ニルソンデザイン事務所代表。著書に『縄文人に相談だ』など。

吉川浩満(よしかわ・ひろみつ)●文筆家。哲学、映画、ロックなど多岐にわたる。著書に『人間の解剖はサルの解剖のための鍵である』『理不尽な進化』など。


ご飯を食べながら、お酒を飲みながら、ご自宅で気軽にイベントをのぞいてみてください。全国、あるいは海外各地からの参加をお待ちしております。


文明特集のご予約はこちらから。Amazon楽天ブックスfujisan.co.jp


お詫びと訂正