小笠原諸島に生きる伝説のサーファーを追う
ドキュメンタリー映画『プラネティスト』が公開

Info | 2020.07.10

東京から船で 24 時間、「最後の楽園」とも称される小笠原諸島。
そこに生きる65歳のサーファー・宮川典継を追ったドキュメンタリー映画『プラネティスト』が7月11日(土)より全国映画館で公開される。

監督は『泣き虫しょったんの奇跡』『ナイン・ソウルズ』などで知られる豊田利晃。
2014年、小笠原を訪れ魅了された豊田監督が、"伝説のサーファー"宮川典継さんとの出会いをきっかけに住民票を島に移して制作に着手。4年にわたり撮影を敢行した。


PLANETIST_pro_scenry2.jpg

豊田監督が魅せられた宮川さんは、野生のイルカと泳ぐ世界初のドルフィンスイムを確立し、小笠原を訪れる旅人たちを受け入れてきた島文化のパイオニア。さまざまな理由で島にやって来た旅人たちに、小笠原の自然を魔法の装置のように提示する。

本作では、小笠原を訪れたミュージシャンや俳優たちが、原初の地球の風景の中で想像力を解き放たつ姿が描かれていくのが印象的だ。

PLANETIST_pro_miyagawa.jpg

ディジュリドゥ奏者・画家のGOMA、俳優の窪塚洋介、渋川清彦、ドラマーの中村達也、ギタリストのヤマジカズヒデらが出演し、ナレーションを小泉今日子が担当。

PLANETIST_pro_kubozuka.jpg

歓喜に満ち溢れた島と旅人とのセッションの瞬間。今の時代を生き抜くヒントが見つかるかもしれません。

豊田監督には、TRANSIT48号『美しき古代文明への旅』のなかでもご自身の「旅」についてお話いただいています。誌面とあわせて、監督が描きたかった世界を楽しんでください。


PLANETIST_POSTER.jpg


PLANETIST_pro_toyoda.jpg


『プラネティスト』 公式Webサイトはこちら

企画・監督・撮影: 豊田利晃
出演:宮川典継 GOMA 窪塚洋介 渋川清彦 中村達也 ヤマジカズヒデ
ナレーション:小泉今日子
音楽監督:ZAK 音楽:大野由美子 コーネリアス ヤマジカズヒデ
制作プロダクション:NouvelleVague Vap IMAGINATION
配給・宣伝・製作:IMAGINATION

お詫びと訂正