10月2日(金)19時~
インスタライブ「氷河後記」
@石塚元太良さんの暗室より!

Info | 2020.09.25

200925.jpg
Shoup Glacier,Alaska 2013/2018 ©︎GENTARO ISHIZUKA


透けるように美しいブルー。
石塚元太良さんが撮影したアラスカの氷河が、TRANSIT最新号の表紙です。

20代の頃から氷河に魅了され、アラスカやパタゴニアなど北へ南へ地球の果てへ何度も訪れてきた石塚さん。
どのように撮影してきたのか、また、長年見てきたなかで氷河の風景はどう変わってきたか、お話を伺います。

そして今回のインスタライブは、なんと、石塚さんの作業場である暗室からお届けします。

フィルム写真はどんな機材を使って現像しているのか、
この氷河の青は、石塚さんが見たとおりの色なのか?
などなど、「暗室」を初めて見るという方や、写真に興味がある方も必見です。

10月2日(金)19時から、こちらのインスタグラムアカウントから配信予定。

どうぞご期待ください。


オンラインイベント情報「氷河後記」
日時:2020年10月2日(金)19:00~20:00
◼登壇者プロフィール
石塚元太良(いしづか・げんたろう)●1977年、東京生まれ。19歳からバックパック旅をはじめ、世界約80カ国を旅しながら撮影する。2004年日本写真協会賞新人賞受賞。2011年文化庁在外芸術家派遣員。アラスカとアイスランドのパイプラインを8×10の大判カメラで撮影した写真集『PIPELINE ICELAND / ALASKA』(講談社)で2014年東川写真新人作家賞受賞。2016年Steidl Book Award Japanでグランプリを受賞。


お詫びと訂正