9月17日(木)TRANSIT最新号
『美しき消えゆく世界への旅』発売!
中身を少しだけお見せします!

Info | 2020.09.10

49_001.jpg

気候変動をはじめとして、森林火災や氷河融解、異常気象など、地球環境に関連するニュースを見ない日はないほど、日々危機感が強まっている地球の未来。世界中でたくさんの旅人を圧倒してきた風景の多くが、人類の活動の積み重ねによって消えゆこうとしています。この奇跡的に美しい地球環境をなんとか守り、末長く残したいと思うのは私たち人類の総意ではないでしょうか。前回の古代文明特集につづき、人びとの営みとこの地球について俯瞰して考える一冊をつくりました。


P020-021_SMALL.jpg©️BENJAMIN GRANT


はじまりは、人工衛星を駆使して地球を撮影したベンジャミン・グラントさんの作品と寄稿文から。地球をもっともマクロな視点で見ることができる宇宙飛行士は、概観効果という境地に至り、地球に対する畏怖の念を抱いてまるで生まれ変わったような心になるといいます。それを聞いたことをきっかけに、俯瞰写真を撮り始めたグラントさんの作品は私たちの知らなかった地球の圧倒的な姿を見せてくれます。


49_002.jpg©️TETSUO KASHIWADA


大規模な火災が発生しつづけていたオーストラリアの森林で、火災と立ち向かう地元の人びとや、力強い自然を切り取った「火の森を追いかけて」、そして海面上昇により土地が侵食されているツバルの住人たちを訪ねた「沈みゆく楽園」では、地球の危機が進行している現場を目の当たりにした写真家たちが感じたことが言葉と写真で綴られています。

49_006.jpg©️HARUMI SHIMIZU


ほかにも、ウガンダへゴリラやチンパンジーなどの野生動物に会いにいった「動物たちのいるところ」や、知床・屋久島の日本の国立公園を訪ねた企画など、自然のありのままの姿と自然と人間が折り合いをつけてともに生きていこうとする姿に触れる旅にも出ています。


49_003.jpg
自然環境について理解するには、科学的な知識も大切。地球46億年の長い歴史をすごろくにまとめた企画や、温暖化やオゾン層破壊、砂漠化、生物多様性の崩壊......などなど今の地球が直面している問題を俯瞰してとらえた企画を読めば、知っているようで、細かいことまで把握していなかった地球のことを学ぶことができます。

49_012.jpg
また「地球再生のレッスン」と題し、地球を痛みつけてきた人類の反省のあり方をHR、歴史、家庭科、修学旅行......と科目別に紹介。国際社会の気候変動に対する取り組みの歩みや、次世代の食料として注目の昆虫食、グレタ・トゥンベリが始めた活動を日本で展開する「Fridays For Future Tokyo」のメンバーが考えた地球に優しい修学旅行、そして究極の地球環境保護の選択肢としてたびたび話題になる「反出生主義」についてなど、深く掘り下げています。

49_014.jpg
今号は付録も充実。4人のアーティストが描き下ろした、ちょっと地球のことを考えたくなるステッカーと、日本の国立公園の一覧と屋久島の美しい写真が裏表になったポスターがついています。


前号につづき、地球を大きな旅先としてとらえてつくった一冊。「消えていく」かどうかは我々次第。美しい地球の姿とその未来について思いを馳せるのはいかがでしょうか。

ご予約はこちらから。Amazon楽天ブックスなど

お詫びと訂正