<TRANSIT VOICE 旅するポッドキャスト>
特別編「時空を越えて東京を旅する」

VOICE | 2021.03.18

210318_001.jpg

いつも隔週でお届けしている<Spotify>オリジナル・ポッドキャストシリーズ「#聴くマガジン」の『TRANSIT VOICE 〜旅するポッドキャスト〜』。今回は、TRANSITの最新号にちなみ、増刊号です。





最新号は、「東京特集」!


タイムトリップをコンセプトに、各時代の面影を現代の視点で切り取りました。
江戸から、明治・大正、昭和、そして平成......。変わってきた、変わっていく東京にフォーカスした特集になっています。


210318_002.jpg (TRANSIT51 P36〜49)



210318_003.jpg (TRANSIT51 P56〜67)



各時代の経済や社会、その時代の中心となった街がわかる「時代絵巻」。


210318_004.jpg(TRANSIT51 P50〜51)



綴じ込み付録とした『東京の、百年先も残したい風景』には寄席や立ち食いそば、銭湯、横丁といった「古き良き東京」を味わえるスポットが満載。
みなさんの残したい東京の風景はどこでしょうか。


210318_005.jpg



佃島と大阪の関係性がわかる!? 「46道府県と東京の秘密」


210318_006.jpg(TRANSIT51 P94〜95)



佐藤健寿さんと空中散歩して撮影した「トーキョー・オーバービュー」。
じつはこの対になる企画も進んでいたのですが......! お蔵入りした企画について、ここだけのハナシもしています。


210318_007.jpg (TRANSIT51 P20〜33)



東京のお花見もいろいろなところに名所がありますね。今年は誌面でいかがでしょうか。


210318_008のコピー.jpg(TRANSIT51 P124〜131)



東京をテーマにした本で、菅原が紹介したのが『魔都』(久生十蘭著)。舞台は1934年の大晦日から翌日1935年の元旦まで。当時、続々とうまれた近代建築が散りばめられているミステリーです。


210318_010.jpg『魔都』久生十蘭著



林が「東京」で選んだ作品は、小津安二郎監督の「東京物語」でした。その理由は、本編でぜひ。



210318_011.pngNetflix, Amazon Prime, Huluなどで配信中



このほか、本編では触れられなかった、東京という都市をもう一度見直してみようという企画など、さまざまな視点で東京を一冊旅できる号となりました。ぜひ誌面をめくりながらポッドキャストもお楽しみください。


Paper版 / Digital版


Amazon / 楽天ブックス / Fujisan.co.jp



定期購読


Fujisan.co.jp / バックナンバー(Fujisan.co.jp)



また来週もお会いしましょう。
ご意見や感想なども「#TRANSITVOICE」のハッシュタグでお寄せいただけたらうれしいです

お詫びと訂正