京都の老舗ホテル〈ウェスティン都ホテル京都〉が
3年越しの大規模リニューアルプロジェクトを完成

Info | 2021.08.31

130年の歴史をもつ、京都を代表する国際ホテル、〈ウェスティン都ホテル京都〉が、のべ3年の改修を経てグランドリニューアルオープン。老舗の風格を残しつつ、さらに充実した上質な空間になった全容をレポートする。
20210702_1.JPG


〈ウェスティン都ホテル京都〉の創業は、文明開化による社会の変貌真っ只中、1890(明治23)年にさかのぼる。最新の技術を駆使し築かれた京都近代化の象徴、琵琶湖疏水の開通式にあわせ、京都市内の東に位置する華頂山の斜面を利用して遊園地「吉水園」が開園。その後1900(明治33)年に、「吉水園」内に立てた保養館を改築し、「都ホテル」を開業したのがこのホテルの始まりだ。


以来、アインシュタインや、アイゼンバウワー元帥、ヘレン・ケラー、チャップリン、ダイアナ妃......など各時代の世界中の名士が宿泊し、彼らの日本・京都滞在に彩りを添えてきた。"京都の迎賓館"と呼ばれるほどだった。


そんな老舗が、2021年にラグジュアリーホテルとしてさらなる進化を遂げるべくリニューアルしたのだ。
20210702_2w.jpg


エントランスに足を踏み入れれば、その瞬間から館内の節々から気品を感じる。それもそのはず、"気品ある女王"として国内外にその名を轟かせたいという想い込め、リニューアルデザインコンセプトに"The Queen of Elegance"を掲げたのだという。


20210702_4w.jpg

リニューアル前に全499室あった客室を、あえて266室に減らし、各空間にゆとりをもたせている。コンセプトの通り、宿泊する一人ひとりが優雅に滞在できることを何よりも優先したのだ。
各客室が大きくなり、なんと半数の客室がスイートルームに変貌。華やかな空間ながら、壁や家具のしつらえの多くに曲線があしらわれ、朝も夕も穏やかな気持ちで過ごすことができる。また、「クイーン」のための空間とテーマを掲げた洋建築ながら、梅の花をモチーフにしたスツールや、川床をイメージしたパターンをあしらったカーペットなど、随所に京都を思わせる意匠がこめられているのも嬉しい。

20210702_3w.jpg

さらに京都の町が一望できる屋上庭園も誕生。丁寧な手入れがなされた緑に溢れた空間に風が吹き込み気持ちいい。


20210702_5w.JPG

屋上庭園を横目に、広い館内を通って7Fから外に出ると、緑が生い茂る裏庭のような空間に抜ける。その先には、檜皮葺(ひわだぶき)の門構えの数寄屋風別館「佳水園」がある。日本モダニズム建築の巨匠・村野藤吾氏の設計によって1959(昭和34)年に建設されたこの別館は、洋風で豪奢な空間から一転、静寂の中に佇む、一見質素にさえ見える数寄屋風の和建築だ。
和のしつらえの上品な空間が立体的に広がっているこの建物は、山の斜面である地形を生かした高低変化に富む棟配置になっている。屋根や庇が幾重にも重なり、独特の空間のリズムを生み出す。
村野藤吾氏が自らデザインした日本庭園が中庭になっており、ガラス張りのロビーや通路などから眺めることができる。京都・伏見にある醍醐寺三宝院の庭を模した白砂敷きで、中央には瓢箪と盃の形をした緑。岩盤から流れる滝の水を酒に見立てたという粋な作庭だ。

20210702_6w.JPG
「佳水園」での宿泊はより特別なホスピタリティを体験できる。専任の女将が細やかな心配りをしてくれるのだ。また「佳水園」のロビーにはここに度々滞在したという川端康成直筆の掛軸がかけられている。

20210702_7w.JPG
こちらの客室もリニューアルに際し、数を減らし一部屋を広くした。和のしつらえを生かしながらもベッドルームとリビングルームを分けて、より心地よく過ごせる空間に。また、スプリンクラーやエアコンなどの設備は、存在を感じさせない工夫が施されるなど、細やかな配慮が滞在を豊かな時間にしてくれる。

20210702_8w.jpg
20210702_9w.jpg

3年にわたるリニューアルの最後に完成したのが、SPA「華頂」だ。2フロアに渡る約2,100㎡もの広さがこの上質なスパ施設にあてられた。
開放感たっぷりの内湯・半露天と、男女で異なる種類のサウナ、ジャグジー、半露天風呂が用意され、内湯は弱アルカリ性低温泉の「京都けあげ温泉」だ。
優雅な曲線をダイナミックに配した空間に、南禅寺水路閣のアーチのモチーフが取り入れられている。

他にも、SPAエリアにはストレッチなどのマシーンが揃うウェルネススペースや、フランスのスキンケアサロン「ソティス」直営の「ル ジャルディン ソティス」があり、近年人びとが注目するようになった「ウェルビーイング」を体現したような総合施設になっている。旅先でも自らの心身の体調を洗練された空間でケアできるのだ。


〈ウェスティン都ホテル京都〉での滞在は、長い歴史に裏付けられたホスピタリティによって、上質な時間になるはず。また、松花堂や福寿園など、京都の老舗とのコラボした体験オプションがあり、リラックスした滞在の中で、京都のエッセンスを堪能することもできる。たまにはこんなラグジュアリーでリラクシングな京都滞在もいかがだろうか。




ウェスティン都ホテル京都
住所:京都府京都市東山区粟田口華頂町1(三条けあげ)
TEL:075-771-7111

お詫びと訂正